2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

大阪日帰りの旅 ランチ編



さてお腹空いてきたねとなり、ランチの店を探す。
グランフロントでは決めかねてしまい
迷いつつも結局、食べログで見つけて気になっていた
中津のイタリアンへ。


オーレベアーテ



ランチ1000円。
パスタ2種類からチョイス。

前菜

ボリュームいっぱい。


パスタ

ショートパスタ ピリ辛トマトソース

おいし~\(^o^)/
焼きパスタみたいですね。
塩気のあるラグーがアクセント。 



Mのパスタ


フォカッチャ

もっちりおいし~。


アフォガード(+200円)
 

コーヒーも200円でした。
残念ながらカプチーノは無く・・・


満足、満足。
お店の人もとても感じがよく、
ココ来て良かったなって思いました。





[ 2014/02/02 ] イタリアン レストラン | TB(-) | CM(-)

大阪日帰りの旅 パン屋さん編

2014年1月某日。

久しぶりに大阪へ行ってきました、日帰りで。
以前にもちょろっとブログに登場した友人Mと一緒に。

大阪に着いて真っ先に向かったのが、、、

パリアッシュ~\(^o^)/

以前あった本町から
中島(最寄駅-肥後橋)に移転していました。
 
 
おしゃれ~ 


クレーム ダマンドゥ マロン
 


マンゴーフロマージュ
 


ビエノワ ショコラ

 


 



ガレット トロペジェンヌ
 


ごめんなさい、ちょっと潰れかけ・・・


ブリオッシュプラリネ
 

 


ブレッサンヌ
 

(万が一パンの名前が一致してなかったらごめんなさい。)

 
どれもでらうま~。
一口一口感激しながら頂きました。

もっといっぱい買えばよかったと後になって思う(。-_-。)
また関西に住みたいとさえ思う(笑)


今回残念だったのが、
行きたいと思っていたタケウチが
移転の為一時クローズされているとのこと。
再オープンはいつなんでしょ?


a a


歩いてグランフロントへ。
いつのまにオープンしていたの?
街が変わるのって早いよね。 

地下に気になるお店がいっぱい。 
 

シティベーカリー


パンを買うのに行列ができていました。
 


 

 
映画「セックス&シティ」が舞台となったNYのベーカリーの
日本初出店だそうな。
 スコーン、マフィン、クッキーなどがメイン。
私はクロワッサンとスコーンをお買い上げ。 
 

a 
メイプルベーコン。
メイプルの生地はめっちゃ美味しいんだけど
ベーコンはなくていいな~と思ってしまった。(あくまでも私の好み)


a

1人2個までの制限があったクロワッサン。
一口目食べた時、塩気の多さにビックリ。
ややオイリーで重たい生地。
食べてるうちに段々美味しく感じました。


a
ベリーのスコーン。
生地は甘さ控え目でした。
ボリュームたっぷり。



a 


ランチしたイタリアンの近くに
丸ビルから移転したカンテグランテベーカリーがありました。
しかしながら好きだった黒糖系パンは
もう作ってないとな・・・
 
 
ブリオッシュ生地にガナッシュたっぷり。


 
栗のハード系


抹茶あんぱん
a

 a
ブリオッシュ生地に上品な抹茶あん。
これもでらうまー。





[ 2014/02/01 ] パン屋 | TB(-) | CM(-)

明日は

マラソン大会。
と言っても7kmのファンラン。
海沿い走ります。



ウォームアップはボディアタックだって!
楽しんできます。
[ 2013/02/16 ] 旅 外国 | TB(-) | CM(-)

2/12

旅に出た。うん、また。




今、飛行機乗継の待ち時間中。


空港内をプラプラ。

魅力的な広告発見。


今回は京都時代に超仲良しだった友人を訪ねて。
1年以上振りの再会にドキドキ、ワクワク。
あとはマラソン大会にジム体験。
[ 2013/02/12 ] 旅 外国 | TB(-) | CM(-)

パニーニ第2弾

2月2日

一度食べて気に入ったら
そればっかり食べる私。

あのイタリアンなパン屋さんに3日連続で通った(笑)


今度は違う種類のパンでパニーニ。

a 



a 
本日のランチに。


a 
ババは3日連続で食べてる。
冷凍保存してたナポリのババと食べ比べたら
断然このお店の方が私好み。


[ 2013/02/02 ] 食べモノ | TB(-) | CM(-)

パニーニ


2月1日

近所にイタリアンなパン屋さんがあって
そこでサンドイッチ用のパンを購入。
イタリアで食べたマンマのパニーニを真似てみた。

a

今朝の朝食に。


a 



ちなみにそのパン屋さんには「ババ」もあって絶品!
a 

これも美味~♪


[ 2013/02/01 ] 食べモノ | TB(-) | CM(-)

偶然過ぎる偶然

1月30日

昼前、『今日こそ走るぞ!!!』
『友人Mから遊びに誘われたって絶対に断るぞ!』と
強い決意を持って家を出た。


友人Mとは、ジョギングサークルで知り合って
しょっちゅう連絡をくれて、今何かと会う機会が一番多い友人。


自宅を出てすぐの大きな交差点で信号待ち中、ストレッチ。
やる気バリバリのアタシ。

と、そこに右方向から何やら声がする。
何気に目をやると、どこかで見た事のある人が
自転車に乗ってこっちに来る…。

友人MMMMMM~!!

もう可笑しくて腰が砕けて地面に倒れこんじゃったorz
もしかしてストーカー!?!?とまで思った~(笑)
ウケる~!!


彼女の家はご近所どころかうちから
10Km以上も離れた遠ーい所。
なのにここで、この瞬間に会ってしまうとは~。

彼女に会ってしまったら、
走ろうとしていた私の強い決意も Mパワーに吸い取られてしまった。
まぁ彼女が用事のあったショップまで走ったからよし、としよう。


その後は近くのパン屋さんでパンを調達して、
公園のベンチでピクニック~。

a


 a

なんだか京都で一番仲良しの友人と
ピクニックした日を思い出す。

新しい土地でもこんな時間を過ごせるとは。
それを共有できる友達がいることを
幸せに思った出来事でした。
[ 2013/01/30 ] | TB(-) | CM(-)

2013 ナポリから帰国&お土産記録

1月14日

とうとう、帰国の日がやってきた。
帰りたくなーい。
けどそんな訳にはいかない。

空港行きのバスに乗る前に
smaというスーパーに寄って、またパスタ購入。
当たり前だけど、パスタの種類が豊富だし
 安いし美味しい!


ナポリの空港へはアリバスで15分位。
なかなか便利。

ナポリの空港内にも良さげなお菓子屋さんがあったので
スフォリアテッレやババなどいくつかお買物。


a
この旅初めての窓際の席。
離陸してすぐナポリの街が見えてきた。
中央駅も港もヴェメロの丘も分かる。
めちゃめちゃ、本当にめちゃめちゃきれいだった。
今回の旅で一番の絶景だった。


帰りはローマで乗継。
ナポリ-ローマはめっちゃ近い距離なんだけど。


ローマの空港の免税店でもお買物。
ジャンドゥーヤのグラッパ(お酒)発見。
a 
ジャンドゥーヤ好きは試してみたくなります♡



ローマから成田行きの飛行機も順調に離陸。

機内食
和食をチョイス。
a
うーん、イタリア製の和食はイマイチ。


a
帰りも同じビールでサルーテ!!

ちなみにイタリアンの方はラザニアだった。
デザートのティラミスが美味しそうだった。



朝食
a

パニーニ作った。
a



無事に成田着。
着いてから知ったんだけど、前日は関東ではすごい雪で
大変だったそうな。
JALの名前が入った寝袋が放置されてたから
空港で泊まった人も多かった模様。



今回の旅はいろんな人と出会えて、
短い時間ながらも一緒に過ごせたりして本当に楽しかった。

いつもはフィンランドのついでにイタリアへ、って感じだったけど
既にイタリアにハマッてる模様。
次はいついけるのか、もう考え始めている。
いや当分は無理だけど。








お土産記録

ナポリの中央駅近くのお菓子屋で買ったお菓子。
a

a



ナポリの空港で買ったお菓子。
a 


a 


a 


ババ
a
 

ブリオッシュ
a 


スフォリアテッレ
a 


名前忘れた。でもスフォリアテッレ的な名前だった。
a  

断面
a 
シェル型のスフォリアテッレと中身が一緒。
オレンジピールが入っていてめっちゃ美味~。

これを目指して、またナポリに行くと思う。多分!



土壇場で買ったリゾットとラビオリ。
a 
このラビオリは250g2人前位入ってて1€、めっちゃ良かった。



あとはチョコ達。

a 


a 









[ 2013/01/27 ] 旅 外国 | TB(-) | CM(-)

2013 カプリ島


1月13日

観光できる最後の日。

計画の段階ではカプリ島かポンペイか
それとももう一度ナポリの街を散策か
決めてなかったんだけど
旅行中に出会った多くの人がカプリを褒めていたので
カプリに行く事に決めた。


ベベレッロ港まではまた徒歩で。
この日は日曜だったので、通行人もまばら。

8:35発のフェリーでカプリへ。
フェリーの切符は20.20€。


a 
カプリの港から街を眺める。


a


a 

カプリといえば青の洞窟が有名ですが今の私には全く興味なく。 
街の散策を楽しもうと思います。

ガイド本ではケーブルカーが便利って書いてあったんだけど
どうやら動いていない。
その辺の人に聞いて、バスでセンターへ向いました。

a 
カプリの街のバスターミナル。
ここからアナカプリへも行けるみたいです。


a 
ケーブルカーの頂上駅の前はちょっとした展望台に。
眺めは、、、プロチーダより先に来ておけば良かったんだろうけど
プロチーダのあの素敵な風景を見たばかりだったので
カプリではまったく感動がなく。


a
この辺がカプリのセンター。
向って右が展望台方向で左がウンベルト広場。


道なりに進みます。
a 
どこもかしこもクローズしてて広場を過ぎたら人もいやしない。


 a
 自分撮り。


a 
高級ブランド店が並ぶ通り。
ここも全てのお店がクローズ。
私はこういう類のお店には興味ないので別に構いません
お買いを楽しみにしてる場合は要注意。


a


更に先を進んでいくと、こんな細い道に。
もちろん誰とも会わない。
a 


a 
植物がもう南の方だな~と思わせる。


a
ホテルのプールかな?
雰囲気ステキ。
ちなみにほとんどのホテルもクローズ。


細い道で地図とも照らし合わせづらかったけど
迷いながらやっと到着。
サンジャコモ修道院
a 


a 


a
中庭。


a 
絵画もいくつか飾ってあり美術館にもなってるとか。

誰もいなかったのと、もうすぐ雨が降りそうな空模様で薄暗く
暗い印象の絵ばかりだったので正直怖かった。


もう少し奥に進むと素晴らしいフレスコ画がありました。
a 


a


ここを出る頃にはまた雨。
毎日?、1日毎?の様に雨に降られています。

見晴らしが良い公園があるとガイド本には載っていたんだけど
雨と迷路の様な道に疲れてしまってセンターに戻った。


ウンベルト1世広場。
a 
やはりここが一番賑わってました。


a


a


a 
ウンベルト広場の周りも細い道の両サイドに
お土産屋さんなど商店があった。
ここも殆どクローズしてたけどね。


a 


プラダのすぐ近くのBarへ。
a 


a


カプチーノとスフォリアテッレ
a
 ほっ。


港からセンターへ来る途中、バスの中から
スーパーマーケットを見つけていたので 歩いて行ってみた。
バスターミナルから5分強。
a 
小さめだけど食品はもちろん、雑貨もあり。


a

雨が酷くなってきたので、港まで歩くつもりだったのを止めて
バス停に戻ってバスへ港へ。

予定よりも大幅に早いけどカプリ島はもう充分。
12:40発のフェリーに乗ってナポリに戻り
午後からナポリの街を散策しようと思った。

いざ切符売り場へ。
すると売り場の人がこの便は欠航だよ、と。
次の便の切符販売まで40分待っててね。
との事だった。

これぞイタリア、しょうがないよね。
でも何もないこの港で何して過ごすんだ~と途方にくれる。
でも待つしかない。

しばらくすると、めっちゃ爽やかな日本人女性が
地元民?にCiao!と挨拶しながら私の前を通り過ぎていった。
そんな雰囲気からイタリアに住んでいる人かな~、と
思った程振る舞いが自然で素敵。

そしてまたボー。っとする事数分。
その日本人女性の方が「日本の方ですか?」って声を掛けてきてくれた。
「フェリー欠航みたいですね。」から始まり
彼女の話では13:40も欠航、次は15:25発だと教えてくれた。

どうやって3時間もここで過ごすんだ~(泣)
って事でこの方Yさんとお嬢さんBちゃん4歳と3人で
お茶する事に。
それはそれは心からありがたかったです。
この旅で初めて出会った個人旅行をしている日本の方。


港の辺りもこれと言って何もないのだけど
唯一オープンしているBarを見つけて入った。

a
またカプチーノ。

テントみたいな造りのBarだったけど
港が見える雰囲気は良かった。

a

外は土砂降りで雷まで鳴っている。
こんなんで15時台のフェリーは出航するのだろうかと超不安。

でも途中からどやどやと日本の団体ツアー客が入ってきて
その団体さんも欠航にあい、同じく15時台のを待ってるとか。
これだけ人がいっぱいいたら心強い。
ってか小さなカプリのBarが日本人だらけ~。


あまりにも雨が強くてこれ以後殆ど写真がない。

15:25のフェリーは大雨の中、無事出航。
私達はもうベタベター。

Yさんとお嬢さんのBちゃんとすっかり仲良くなれて
フェリーでもずとおしゃべり。
なついてくれてるし、無邪気な子供はかわいい。

天気が悪かったからか帰りのフェリーはちょっと揺れが大きかった。
ということで船酔い~。
この旅では各種乗り物酔い、経験した。

ナポリに着いて船下りたら雨止んでた。
あの嵐は一体なんだったんだ。
ブーツがもう不快極まりない。


宿泊してるホテルが近い事も分かり
夕食もご一緒する事に。

港から中央駅まで歩いて帰りました。
バス乗るつもりだったYさん母娘を巻き込んで。
途中有名な「ダミケーレ」に寄ってみたら休み。
すぐ近くのトリアノンも休み~。
悲しいかな、日曜の欧州はこんなものだよね。


そこで私のホテルのフロントの女の子に
お勧めレストランを教えてもらったんだけど
行ってみたらそこは閉店直後だった。

もうあてもないので、駅のカフェへ。

a


本当に素敵な母娘にめっちゃ癒されました。



そして私は翌日の帰国の準備の為ホテルへ。

でもチョコしか買ってない事に気づいて
小さなスーパーにお土産のお買物に再び外出。
ラビオリとインスタントのリゾットゲット。
そしてカプチーノお持帰り~♪


っと、ホテルのBarでまたカプチーノご馳走になった。
a 
マネージャーの友達とやらで
このホテルに入り浸りみたいなCさんがいれてくれた。


そしてフロントにいたパトリックに
明日帰ります、とご挨拶。

そんな時に酔っ払いのおっちゃんがロビーに入り込んできた。
片手にタバコだし。
パトリックは出て行きなさい、と一生懸命追い出そうとしてる。
そしてフロントの女の子に「Cを呼んで」と。

Cさんは体格がデカイので用心棒になりそうなんだけど、、、
Cさん、この時Barでイタリアンガールとおしゃべりしてたのを
私は知っていた。
女の子がCさんに電話して一生懸命説明してたんだけど
Cさん、来てくれなかった。(やっぱりね↓)
結局パトリックが酔っ払いを一人で追い出しに成功。

「パトリック、あなたは強い人だね!!」
私が言うと、パトリックは照れたように笑っていた。
本当に心からそう思った。





[ 2013/01/26 ] 旅 外国 | TB(-) | CM(-)

2013 ポジターノ~ソレント~ナポリ


1月12日

ポジターノ、2日目の朝。

a



a 
カプチーノが美味しかったので、OJを辞退して
カプチーノをふたつお願いした(笑)
OJの変わりに何かフルーツでも?と聞いてくれて
親切な対応のオーナーさん。


そして朝食を持ってきて貰った時に
前日に壊れてしまったブーツのかかとを見せて
「ボンドがあれば貸して欲しい」と言ってみた。
オーナーさん、快くお返事してくれて
朝食が終わった頃にわざわざ来てくれて
しかも貼り付けてくれた。
めっちゃ助かりました。


快適だったVilla Palumbo B&Bをチェックアウトして
バス停に向います。
B&Bを出てすぐ、中国人の男の子と出会った。
センターまでどれくらいか、等聞かれて
頼まれて写真も撮ってあげて、
そして彼はカプリ島がすっごく良かったよ、と教えてくれた。
自然がいっぱいで400枚も写真撮っちゃった、と。
そこまで言われると、ちょっとカプリにも行ってみたいと思った。


a 


まずはソレントへ向います。
バスの切符はバス停近くのキオスクで購入。
さて今日ものんびりバスを待つか~と思ったのに
こういう時に限ってバスがすぐ来た。

来た時、急カーブの連続だった道。
また同じ道なので、ものの10分も乗ってたら
当然の様に車酔い。
朝食を食べたばかりだったからか
今度はもう、、、a 。  
 

よやくソレント駅前に到着。
バスを降りた時はもうヘロヘロ~。

途中ベンチで休憩したりしながらたどり着いたのが
こちら、市民公園。
a 

景色いいです。

a


a


今度はソレントの港へ移動。

a



a

港から見える風景。
前回来た時、何気なく撮ったこの風景の写真を
えらく気に入ってまた来たいと思っていた。

この風景が見えるベンチで靴下脱いで
(前日の雨でブーツがまだ湿っぽくて・・・。)
 あぐらかいてしばし休憩。
気持ちよかった~。


a


ソレントの街に戻ります。
スーツケースを持っていたので
石畳の上り坂がとてつもなく長く感じた。


a 


a 


a 


a



通りすがりのお店でジェラート。
a
チョコとヘーゼルナッツ。


ソレントのセンターにある広場。
a


a 


ソレントのスーパーにて。
a
大好きなwitor's発見。
板チョコもあるんだー!!


もう少しソレントの街を散策したかったし
前に行ったレストランにもまた行きたかったけど
車酔いのお陰で本調子でなく、ナポリに戻る事に。

ヴェスヴィオ鉄道で。
a


ナポリではまた同じホテルを前日にネットで予約。
別のホテルにしようか迷ったんだけど
最終日だけはもうこのホテルに予約済みだったので
荷物の事も考えると同じホテルが便利かな~と。

16時前にチェックイン。
フロントの女の子、私の事覚えててくれた。
しかも前に泊まってたルームナンバーまで覚えてるし(笑)


a
今度はダブルルームのシングル利用。
なのに前回のシングルルームよりも料金が安い!

すぐ寝た。ぐったり。

そして暗くなった18時半頃、やーっと起き出して
ほんとは食欲もあんまりなかったけど
せっかくナポリまで来たのに、しかも食を求めて・・・
何も食べないじゃ勿体ないから外出。


向ったのはあまり治安が良くないと言われている地域の
イタリア在住日本人が特にお勧めしていた食堂。
なのでまた地図とiphoneと小さなお財布をポケットに入れて
手ぶらで行きました。


Ristorante A Figlia d'O Luciano
Piazza Enrico De Nicola, 38- Napoli Italy

ムール貝のスープ(Zuppa di Cozze)
a

たこがめっちゃ柔らかかったのが驚き。
味付けはちょっぴりホット。

ピンク色っぽいパンは揚げてあるのか!?
不思議な味でした。


そして不思議だったのが店内に入った時
地元のおじちゃん、おばちゃんがいっぱいいたんだけど
何か食べてる訳でもなく
ただただ井戸端会議的にしゃべってるだけだった。
人はいっぱいいるのに、食事してるのは私だけー(笑)
でも嫌な感じは全くないし、よく言えばアットホーム。

そしてここのお店の子供サンなのか4,5歳の男の子が
珍しそうに私の事をジーッと見てくるのが可愛くて。
こっちがニコッと笑いかけたら照れる、
そして大人達に注意される(笑)、の繰り返し。




もう真っ暗だったけど、このままホテルに戻るのは勿体ない気分。

a


中央駅前のカフェへ。

a


a

写真を撮っていいか聞いたら
快く答えてくれた!
陽気なスタッフさん達がイタリア語で一生懸命話しかけてくれた。
殆ど何言ってるか分からなかったけど
温かさはしっかり感じた。

a




そしてホテルへ戻った。
暫く部屋でくつろいでから21時過ぎた頃だったか
ちょっと気になったのでフロントへ行ってみたら
初日にお世話になったパトリックがいた!!

全く旧知の仲でもないのに再会できたのが嬉しかった。
彼も笑顔で迎えてくれて。
しばし雑談と一緒に写真を撮って
良い思い出の形が残せた。
a


この日は9:30頃就寝。
普段の欧州旅行ではそろそろ現地の時間に慣れてるはずなのに
今回はどうも早寝早起きのまんま。


[ 2013/01/25 ] 旅 外国 | TB(-) | CM(-)






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。