2017 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「ゴー!ゴー!フィンランド」な旅 ~7-8日目

泣いても笑っても、フィンランド滞在最後の日。

朝食。
Jun. 09 Tam- Hel copy 749
Jun. 09 Tam- Hel copy 751
たまごペーストとジャガイモの様なペーストが入ったパイ。

コピー ~ Jun. 09 Tam- Hel copy 756
ミルクとチョコのプッラ(菓子パン)
これが美味しかった~。

滞在中にFazerの朝食ブッフェに行きたかったけど
結局、最後の日も・・・。
Fazerの朝食
http://www.fazergroup.com/templates/Fazer_Information.aspx?id=33395&epslanguage=FI


この日は日曜なのでお店やデパートもお休みです。
この日まで取っておいた観光に出かけます。

8:15出発!


まずはヘルシンキ観光には外せないウスペンスキー寺院
…の裏側
Jun. 09 Tam- Hel copy 779
裏側はちょっとした公園に。
この建物を頂上に斜面になっていて、昼間子供達が雪の滑り台として遊んでいた。
ドッグランもあり。

正面から
Jun. 09 Tam- Hel copy 782
フィンランドのギリシア正教会の総本山。
1868年に建てられたビザンチン・スラブ様式。
外観も立派ですが、内装がかなりゴージャスだそうです。


大統領官邸
Jun. 09 Tam- Hel copy 793
雪の日も、24h兵隊さんが直立不動で。
本当にご苦労さまです。


センターでトラムに乗車。
フリマで訪れたホッケー場のすぐ近く、スタジアムタワーに向かいます。
Jun. 09 Tam- Hel copy 800
72mある。

Jun. 09 Tam- Hel copy 804
ヘルシンキオリンピックって1952に開催されていたんですね。
かなり昔だ。

2ユーロ払って、エレベーターで屋上へ。
Jun. 09 Tam- Hel copy 822
吹きさらしの展望台。さむーっ。


Jun. 09 Tam- Hel copy 814Jun. 09 Tam- Hel copy 815Jun. 09 Tam- Hel copy 816Jun. 09 Tam- Hel copy 821
初めて高い所からヘルシンキの街並みを見た。
冬だからか、どこか淋しげで時間が止まってる感じ。

15分ほどで降りた。


これも芸術かな。
Jun. 09 Tam- Hel copy 837
タワー近くの住宅街にて。


続いての観光は、一昨日買い物で訪れていたアラビアファクトリーへ再び。
でも今日の目的は買い物じゃなくて、併設されているミュージアムへ。

Jun. 09 Tam- Hel copy 851

建物の中に入ってみたものの、ミュージアムは今回が初めて。
さてどこにあるのやら、迷う。
ショップのスタッフに聞いてみると・・・なーんと、
今の期間は街中にあるデザイン美術館でアラビア展をやってて
そちらに作品が行ってるからここのはクローズしてる、との事。
(私の解釈が正しければ。)
せっかく遥々(!?)やって来たのにー(涙)
しかもそのデザイン美術館でアラビア展をやってるのは情報誌で知っていたわ。
Jun. 09 Tam- Hel copy 870
コレコレ!観光客向けフリーペーパー「HELSINKI this week」
しっかり○まで付けてある。

でもアラビアミュージアムの方が入場料(2ユーロ)が安かったら来たのに
裏目に出たー(T▽T)
でも悔やんでも仕方がない。
即、頭切り替えてデザイン美術館へ行く事に。

その前に12時までにホステルをチェックアウトしなくちゃ。
荷物整理の関係で、ここでお土産にするパンをKマーケットに買いに行く。
フィンランドの菓子パン(Pulla)はカルダモンがきいていて
はじめは苦手で買わないようにしてた。
でも何度か食べているうちに慣れてきたのか、その中でも美味しいパンに出会え
日本に持ち帰りたくなった。

Jun. 09 Tam- Hel copy 868
ここは対面式販売。
まず整理番号のチケットをマシンから受け取って、順番が呼ばれる。
フィンランド語で呼ばれるから注意。
注文は「コレとコレと…」って指を差せばOK。
aaaJun. 09 Tam- Hel copy 1054

aaaJun. 09 Tam- Hel copy 1057aaaJun. 09 Tam- Hel copy 1064aaaJun. 09 Tam- Hel copy 1071aaaJun. 09 Tam- Hel copy 1075
左から時計回りに
朝食べたパイと同じたまごと芋のパイ。
アップルパイ。
シナモンロール。
朝食べた菓子パンのチョコレート抜きバージョン。


 
ホステルで荷物を整理し、チェックアウト&スーツケースを預ける。
トラムと徒歩でデザイン美術館に向かう。

Jun. 09 Tam- Hel copy 894
7ユーロ。

2階にてアラビア展。
日本でもアンティークとして高く評価されているものから
今現在でも現行品として店頭に並んでいるもの、
私も日常で使っている同じものも含め、数多く展示されていた。
こんなにアラビアの作品が一同に見られる機会なんて滅多にない。
うっとり。
いつまで見ていても飽きません。
当たり前ですが、写真撮影が禁止なのが本当に残念。


下のフロアでは''TEEMATKA''というタイトルの展示。
「紅茶の旅」、かしら。
世界のいろんな国の紅茶のテーブルセッティングの紹介。
その中には日本の茶室まで。ちゃんと畳の部屋が再現されてた。


帰り口。
Jun. 09 Tam- Hel copy 897
入場券の代わり?に自分の身体にシールを貼る仕組みになってて
帰り際にみんなココにそのシールを貼っていく。


デザイン美術館の方面はお洒落で個性的なショップに出会う。
Jun. 09 Tam- Hel copy 543ヨハンナ・グリクセン
Jun. 09 Tam- Hel copy 909secco
Jun. 09 Tam- Hel copy 912aino



たまたま通りかかったIso Roobertinkatuもなんとなくお洒落な通り。
京都で言えば三条通り!?
そろそろお腹も空いてきたのでランチのお店を探すことに。
KOTIPIZZAやケバブも数店。B級グルメにもよく出会える。

KOTI PIZZA
Jun. 09 Tam- Hel copy 905
全国にある。
英語メニューもあるので気軽に入れる。


この通りにもセカンドハンドのFidaや古着のUFFが。
Jun. 09 Tam- Hel copy 904
土地柄か、なんか他の支店よりもお洒落に感じるショーウィンドウ。(日曜は休み)


結局この通りではランチの店が決められず、
センター駅近くにあるKIASMA美術館に併設されているカフェに行く事に。
結構評判が良い。

Cafe Kiasma
Jun. 09 Tam- Hel copy 923
ブルーベリーのケーキとコーヒー。
甘すぎず、家庭的で美味しかった。

トマトとモッツアレラチーズのサンドイッチ。
Jun. 09 Tam- Hel copy 925
チーズがたっぷり~。

ランチメニューはコチラ
http://www.capitalcatering.fi/page.php?main=3&sub=52

刻一刻と飛行機の時間が迫り、焦りながらのランチタイム。
席数もたくさんあるので本当はのんびりと出来そうなカフェ。
平日のランチタイムにまた来たい。


さて14時にはホステルに戻って荷物を受け取って、空港に向かわねば。
ここからは時間に余裕がなく、空港に辿り着くまで写真がない。


無事空港に到着。

Jun. 09 Tam- Hel copy 937
空港の隅っこで荷物の整理。
割れ物は手荷物にして、なるべくスーツケースは軽く、ね。

前回の帰国の際、私のスーツケースの重量が34Kg!!
さすがに重過ぎて超過分7-8万円を請求されてしまった。
とても払える金額ではないので、要らない物を捨て
重い物は手荷物に移すなどして24Kgにダイエットし
何とかパスした苦い経験があるのです。

さて今回は…っと。なんと19.8Kg。
なーんだ、それならもうちょっと詰めて置けば良かったかも…。


手荷物検査を通過し中へ。
免税手続きをしてもらった分のキャシュバックを受け取りに。
今回立派な免税カウンターが出来ていてビックリ。
しかもお兄さん、上手に日本語を話しなさる。
「かもめ食堂」の影響で日本人旅行客が増えたんだろうなぁ。


お手洗いでメイクを落とし洗顔、機内用にスッピンになる。
さて、やるべき事はやったのでロバーツコーヒーで一息つくことに。
大好きなARABIA TEEMAがびっしり!
Jun. 09 Tam- Hel copy 940

エスプレッソ コンパノとかいう珍しそうなのをオーダーしてみた。
Jun. 09 Tam- Hel copy 943
エスプレッソに生クリームたっぷり。
うん、美味しかった!


このロバーツコーヒーの隣から免税店が並んでいます。
もう悔いはない位買い物しまくったから、ココは通過しよう。。。
荷物もいっぱいでもう持てないし。。。と思いつつ、
ついマリメッコの前で足を止めてしまう。
なんと気になっていたコートが底値~!!サイズもバッチリ~。
ダメだよぅ…と言うもう一人の私の制止にも耳を貸さず
はい、お買い上げ~♪(^m^;) ダメよね、アタシ…


難なくパスポートコントロールも通過、出国。

Jun. 09 Tam- Hel copy 950

これでしばらくはサヨウナラだねー、フィンランド。
また来るよ、一人旅も大丈夫そうだし。


17:20発、AY077便に搭乗。
帰りの飛行機は新型、エアバスA340。
Jun. 09 Tam- Hel copy 963
それぞれにシートモニター付き。

Jun. 09 Tam- Hel copy 953
Jun. 09 Tam- Hel copy 952
映画、音楽、ゲーム…いろいろ楽しめます!
でもさ、夜中のフライトのただ寝るだけの帰りより
来る時の昼間の方が有り難いんだけどなー。


Jun. 09 Tam- Hel copy 954
とにかくまたまた長ーいフライトが始まる。


夕食の機内食。
Jun. 09 Tam- Hel copy 959
ビーフシチューwithパンプキン。
デザートのベリーのケーキが美味しかった~。


なるべく時差ボケがないようひたすら寝ます。

朝。
Jun. 09 Tam- Hel copy 964

朝食の機内食。
Jun. 09 Tam- Hel copy 969
ホウレン草とリコッタ(ホエー(乳清)から作ったチーズ)のクレープ 
・・・ビミョー


そして無事に関西国際空港に着陸。
税関を通過する際、手荷物が多かったからか税関の人に
「何買ったんですか?」と初めて聞かれた。
何もやましい事は一切ないのに、小心者のアタシ。
シドロモドロになりながら、、、
「多そうに見えるんですけど~、スーツケースの半分は空だし~
毛布を買っちゃったんで~、かさばってるだけなんです~」
税関の人、笑ってる~(*_*;
とにかく「はい、いいですよ。」と通してもらった。


6泊8日のフィンランドひとり旅、無事に終了。




帰国から3日目、タンペレから送った荷物がもう届いた。
yahoo! auction finproducts 116
税関で検査の為に開封されたようです。
上の方に新聞に包んで詰めてあった物が2つ、開けられただけみたい。
その後「郵便事業(株)」によって、再梱包、
「こわれもの」シールまで貼ってくたようです。


これも余談ですが、
旅の間朝から晩まで荷物を背負って歩き回ったお蔭で
帰国後の体重が-2Kg。
やっぱり身体を動かす事が減量につながるんだな。
あ、2Kg戻るのはもっと簡単ですけどね(-_-;)


「ゴー!ゴー!フィンランド」な旅日記 the end

[ 2009/02/14 ] 旅 フィンランド | TB(-) | CM(-)

白夜のフィンランドへ 2004.06 1日目

2004年6月。
随分昔のフィンランドへ旅した記録です。

この旅は某旅サイトで旅のパートナーを募集していた
Fちゃんと知り合い実現しました。
はじめは「フィンランドに行きたい」という接点だけでしたが、旅を始めてみると
行きたい所や現地での過ごし方が私の希望ととても似てました。
団体ツアーの様に急ぎ足で観光地を駆け巡るのでなく、
ゆったりとした時間を自分達のペースでまったり過ごす。
ゆっくり街を歩いて、大好きなマーケットに長居したり
緑いっぱいの公園のベンチでサンドイッチをほうばったり
地味でシンプルな北欧デザインに囲まれて過ごす。
私達にとってはそれがとても贅沢な時間。
なかなか自分と価値観の似た旅のスタイルの人と出会うのは難しいのに
よく出会えたなぁと今改めて思います。

Fちゃんはとても写真が上手で、私も素敵な写真が撮りたいと
思うようになったきっかけでもあります。
久しぶりに昔の写真を見てみると、(今も大してですが)下手だな~って。
でもまぁ、少しずつでもマシになっていってる記録にもなるかな。


私は北海道から出発し大阪で前泊、関空でFちゃんと合流。
a
機内食1回目。
a
機内食2回目。
a


湖の国、フィンランドが見えてきました!
a

a
ヴァンター空港で乗り継ぎ、Kuopio(クオピオ)へ。
a
a
Kuopioの空港から街へはバスで向かいます。
荷物がなかなか出てこず、やっと受取ってすぐバス停へ向かいましたが
どうやら街へ向かうバスは出発してしまった後。
これはタクシーを使うしかないかな↓と思っていたところに
バス会社の方がバスの運転手に携帯で連絡をしてくれたらしく
なんとバスが戻ってきてくれました。
日本じゃ考えられない事ですが、フィンランドでは(多分他の国でも)
柔軟性があって度々「ウソー!?」と思う出来事に出くわします。
旅っていろんな文化や習慣など体感できるから素晴らしい。



無事街に到着し、すぐホテルへ。
a
この1年前にこの町で2週間ほど過ごした事があり、その時と同じホテル。
広場からすぐ近くに位置し、街歩きには便利です。
a

ちょこっとお出かけ。多分スーパーマーケットに行った程度。

「MINI MEAL」というデザート。
a
カスタードクリームっぽい中にお米が入っています。

a
お味はまぁまぁ、だったか。でもお米をわざわざ入れなくても…。


フィンランドでは夕方を過ぎた頃ですが、日本時間ではもう午前3時過ぎ。
一日目は殆ど移動で終わりました。

[ 2009/09/14 ] 旅 フィンランド | TB(-) | CM(-)

白夜のフィンランドへ 2004.06 2日目

2004年6月。
フィンランドの旅2日目です。

Kuopio(クオピオ)のホテルの朝食。
a


早速街歩きへ。

街の中心部にある広場''tori''の屋内マーケットです。
a
aa


屋外マーケットと奥に見えるのが市庁舎(多分)。
a


a
ソコスデパート。
広場を挟んだ向かいに「Anttila(アンッティラ)」もありました。

この時旬だった苺の売り場。
a


ランチ
aa
大好きなケバブ。


午後からは「Puijon Torni (プイヨタワー) 」へ徒歩で向かいました。
a
a
1時間程歩いたかしら?
到着してみると…なんと工事中で上る事ができず。
ここからもフィンランドらしい森と湖のすばらしい風景が見られるのですが。
残念!


徒歩で街に戻って湖のクルーズへ。
a


a
a
a


夕飯はピザブッフェ。
a
日本のシェーキーズみたいな感じでした。

[ 2009/09/15 ] 旅 フィンランド | TB(-) | CM(-)

白夜のフィンランドへ 2004.06 3日目

2004年6月。
フィンランドの旅3日目です。

クオピオのホテルの朝食。
a

次の町へ移動です。
こちらはクオピオの鉄道駅構内。
a


私達の移動はコチラ、長距離バス。
a
Savonlinna(サヴォンリンナ)へ向かいます。
a


Savonlinnaに到着。
ここでの宿はFちゃんが見つけてくれた湖畔の素敵なホテル。
a
a
a


到着後は街歩き。

a
a
a

この町に来た最大の目的、サヴォ城周辺までやってきました。
a
a
この日は観光するにはもう遅いので外から見学。


フィンランドのアチコチで見かける「Kマート」
a
☆じゃなく「K」の数でお店の大きさが分かります。

お菓子売り場
a
手前に写っている袋菓子、ラクリスやサルミアッキ。
(食べなれていない)私達日本人にはとっては
決してお菓子って言える味ではありません。
初めて口にした時は、我慢できず出してしまいました(≧3≦)


こちらは私が大好きなチョコ、ゲイシャ。
a
ミルクチョコレートにヘーゼルナッツのフィリングが入っています。
毎回大人買いして帰ります♪

お昼と晩、何食べたっけか???
[ 2009/09/19 ] 旅 フィンランド | TB(-) | CM(-)

白夜のフィンランド 2004.06 4日目

2004年6月。
フィンランドの旅4日目。


Savonlinnaのホテルの朝食。
a
ガラス張りのテラスで気持ちの良い朝でした。


いよいよサヴォ城観光。
a
a
こちらはドラゴンクエスト(どのシリーズとかは分かりません)のお城の
モデルになったとか。

城内観光は必ずガイドツアーに参加する形になります。
言語は英語・フィンランド語・ドイツ語・スペイン語。日本語・・・はありません。
必然的に英語のガイドさんにつきました。
英語の客は私達2人だけ。

きっと気の利いたジョークを交えながらいろいろガイドしてくれただろうに
お姉さん、なかなか反応の鈍い私達にやりづらかっただろうなぁ。

a

丸い小窓から見える風景がコチラ。
コピー ~ 2004 SUOMI 196コピー ~ 2004 SUOMI 197コピー ~ 2004 SUOMI 200



ランチターイム。
a
a
カフェで軽くパン。


VR(フィンランドの国鉄にあたる)の切符を購入。
次の目的地に移動です。
a
手書き!

どう乗り換えたとかあまり記憶にありませんが
午前と午後、一本ずつしか列車が走ってない路線だったので
乗り遅れたら大変~!って思い出が。
aa
aa

Vuonislahti(ヴオニスラハティ)で下車。
ハイキングなどで度々紹介されているコリ国立公園の対岸に当たります。
a
日本の駅にあるようなプラットホーム、ありません。
ジャリでした。



Fちゃんが見つけてくれたB&B.
a
田舎な''リゾートホテル''
a


部屋
aa
aaa
ブルーで統一されたシンプルでかわいらしい部屋。
部屋にはTVも冷蔵庫もエアコンもなし。本当にシンプル。


この宿の食堂兼カフェでほっと一息。
a
ここのコーヒーがやたら美味しかった記憶があります。


周辺の散策へ。
a
a
空と森。
自然に囲まれてとてものんびりできる所。


唯一のお店、「Kマート」
a


aaaa
学校も小さめ。
人と出会うこともありませんでした。


湖へもすぐ。
aa
aa
湖の色、茶色いですけどとてもきれいな水です。
鉱物の関係でそんな色してるとか。



周りにレストランもないので、B&Bですが夕食もお願いしました。
a
a
なかなかその国の家庭料理を味わうチャンスってないので良かった。
お味もとってお美味しかったです。
カフェタイムにも食べたパンケーキも美味でした。


夕食後再び湖へ。
aa
夜の9時半過ぎです。

[ 2009/09/22 ] 旅 フィンランド | TB(-) | CM(-)

白夜のフィンランドへ 2004.06 5日目

2004年6月。
フィンランドの旅5日目。


a


朝食。
a


a
ここのワンちゃん、Minna(ミンナ)。
aa
いつも気持ち良さそ~に寝てましたzZZ


ご近所さんのお庭がお花いっぱいで素敵でした。
a

お昼はキッチンを借りて、日本から持ってきた物でランチターイム。

残念ながらここでは一泊だけ。
午後の列車の時間まで部屋を使わせてくれました。
お陰で2日目も散歩をしたり、まったりした時間を過ごす事ができました。
とても素敵な所だったので次回チャンスがあればまた行きたいです。


16時半過ぎの列車に乗って次の目的地へ。
a

Joensuu(ヨエンスー)に到着。
a


Joensuu駅は『世界の車窓から』にも登場した駅。
a

a


ホテルへ。
a
aa


荷物を置いて早速街歩きへ。
a
「KIOSKI」はコンビニ的存在。
日本みたいにアチコチに乱立していません。


a
たいていの町で見かけるValioのアイスクリームのスタンド。

a
とてもボリュームあって美味しいです。


a

夕食はイタリアンの「Rosso」にて。
サラダ。
a
フィンランドではたいていお料理を頼むとサラダバーが付いてきます。

パスタ
a

サーモンのスープ。
a
これがめっちゃ美味しい!


教会
a
a

a
''教会通り''

教会から''教会通り''の向こうに別の教会が見えます。
a
この日はもう遅いので明日行ってみる事に。


ホテルからの眺め
a
夕方みたいですが23:40過ぎです。

[ 2009/09/23 ] 旅 フィンランド | TB(-) | CM(-)

白夜のフィンランドへ 2004.06 6日目

2004年6月。
フィンランドの旅6日目。

ヨエンスーのホテルの朝食
a
a 


Tori(広場)の様子。
屋外マーケットに、
a
青空カフェ!
a
この街は、フィンランド内の他の街にあった爽やかさがなく
ややどよーんとした空気が漂っていて
Fちゃんと共に「なんか雰囲気が違うね~」って話してました。


前日行った教会の向かいの教会。
aa

ランチターイム
a
当時は全く気づかなかったけど、C&SがARABIAのArctica!!
現在我が家でいくつか揃えて使っているシリーズです。



a
a
船が通る時に橋が上がるのが、私には物珍しかったです。


街からすぐの所にもこんなのどかな場所が。
a
湖の畔でまたのんびーり。


a

フィンエアのバスで空港に向かいます。
a
時刻表がある訳でもなくあまりにも簡素なバス停だったので
本当にココで合っているのか不安でしたが
大きな荷物を持った人がやって来てホッとしました。
ちなみに手前の黄色いのが郵便ポストです。


無事にヨエンスーの空港に到着。
a

飛行機の下まで行って、階段を上がります。
a
飛行機のオシリの方から乗るなんて、初!
a
ちなみに全席自由席です。

a
機内サービスはしっかりと。


ヘルシンキに到着しました。
ホテルは当時の「ラマダプレジデンティ」。
a
現代的、というか都会的というか。


Cafe Aaltoでコーヒーブレイク。
a
かもめ食堂にも登場したカフェ。
ストックマンのアカデミカ書店内にあります。

a
チーズケーキと。

[ 2009/09/26 ] 旅 フィンランド | TB(-) | CM(-)






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。