2017 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

2013 カプリ島


1月13日

観光できる最後の日。

計画の段階ではカプリ島かポンペイか
それとももう一度ナポリの街を散策か
決めてなかったんだけど
旅行中に出会った多くの人がカプリを褒めていたので
カプリに行く事に決めた。


ベベレッロ港まではまた徒歩で。
この日は日曜だったので、通行人もまばら。

8:35発のフェリーでカプリへ。
フェリーの切符は20.20€。


a 
カプリの港から街を眺める。


a


a 

カプリといえば青の洞窟が有名ですが今の私には全く興味なく。 
街の散策を楽しもうと思います。

ガイド本ではケーブルカーが便利って書いてあったんだけど
どうやら動いていない。
その辺の人に聞いて、バスでセンターへ向いました。

a 
カプリの街のバスターミナル。
ここからアナカプリへも行けるみたいです。


a 
ケーブルカーの頂上駅の前はちょっとした展望台に。
眺めは、、、プロチーダより先に来ておけば良かったんだろうけど
プロチーダのあの素敵な風景を見たばかりだったので
カプリではまったく感動がなく。


a
この辺がカプリのセンター。
向って右が展望台方向で左がウンベルト広場。


道なりに進みます。
a 
どこもかしこもクローズしてて広場を過ぎたら人もいやしない。


 a
 自分撮り。


a 
高級ブランド店が並ぶ通り。
ここも全てのお店がクローズ。
私はこういう類のお店には興味ないので別に構いません
お買いを楽しみにしてる場合は要注意。


a


更に先を進んでいくと、こんな細い道に。
もちろん誰とも会わない。
a 


a 
植物がもう南の方だな~と思わせる。


a
ホテルのプールかな?
雰囲気ステキ。
ちなみにほとんどのホテルもクローズ。


細い道で地図とも照らし合わせづらかったけど
迷いながらやっと到着。
サンジャコモ修道院
a 


a 


a
中庭。


a 
絵画もいくつか飾ってあり美術館にもなってるとか。

誰もいなかったのと、もうすぐ雨が降りそうな空模様で薄暗く
暗い印象の絵ばかりだったので正直怖かった。


もう少し奥に進むと素晴らしいフレスコ画がありました。
a 


a


ここを出る頃にはまた雨。
毎日?、1日毎?の様に雨に降られています。

見晴らしが良い公園があるとガイド本には載っていたんだけど
雨と迷路の様な道に疲れてしまってセンターに戻った。


ウンベルト1世広場。
a 
やはりここが一番賑わってました。


a


a


a 
ウンベルト広場の周りも細い道の両サイドに
お土産屋さんなど商店があった。
ここも殆どクローズしてたけどね。


a 


プラダのすぐ近くのBarへ。
a 


a


カプチーノとスフォリアテッレ
a
 ほっ。


港からセンターへ来る途中、バスの中から
スーパーマーケットを見つけていたので 歩いて行ってみた。
バスターミナルから5分強。
a 
小さめだけど食品はもちろん、雑貨もあり。


a

雨が酷くなってきたので、港まで歩くつもりだったのを止めて
バス停に戻ってバスへ港へ。

予定よりも大幅に早いけどカプリ島はもう充分。
12:40発のフェリーに乗ってナポリに戻り
午後からナポリの街を散策しようと思った。

いざ切符売り場へ。
すると売り場の人がこの便は欠航だよ、と。
次の便の切符販売まで40分待っててね。
との事だった。

これぞイタリア、しょうがないよね。
でも何もないこの港で何して過ごすんだ~と途方にくれる。
でも待つしかない。

しばらくすると、めっちゃ爽やかな日本人女性が
地元民?にCiao!と挨拶しながら私の前を通り過ぎていった。
そんな雰囲気からイタリアに住んでいる人かな~、と
思った程振る舞いが自然で素敵。

そしてまたボー。っとする事数分。
その日本人女性の方が「日本の方ですか?」って声を掛けてきてくれた。
「フェリー欠航みたいですね。」から始まり
彼女の話では13:40も欠航、次は15:25発だと教えてくれた。

どうやって3時間もここで過ごすんだ~(泣)
って事でこの方Yさんとお嬢さんBちゃん4歳と3人で
お茶する事に。
それはそれは心からありがたかったです。
この旅で初めて出会った個人旅行をしている日本の方。


港の辺りもこれと言って何もないのだけど
唯一オープンしているBarを見つけて入った。

a
またカプチーノ。

テントみたいな造りのBarだったけど
港が見える雰囲気は良かった。

a

外は土砂降りで雷まで鳴っている。
こんなんで15時台のフェリーは出航するのだろうかと超不安。

でも途中からどやどやと日本の団体ツアー客が入ってきて
その団体さんも欠航にあい、同じく15時台のを待ってるとか。
これだけ人がいっぱいいたら心強い。
ってか小さなカプリのBarが日本人だらけ~。


あまりにも雨が強くてこれ以後殆ど写真がない。

15:25のフェリーは大雨の中、無事出航。
私達はもうベタベター。

Yさんとお嬢さんのBちゃんとすっかり仲良くなれて
フェリーでもずとおしゃべり。
なついてくれてるし、無邪気な子供はかわいい。

天気が悪かったからか帰りのフェリーはちょっと揺れが大きかった。
ということで船酔い~。
この旅では各種乗り物酔い、経験した。

ナポリに着いて船下りたら雨止んでた。
あの嵐は一体なんだったんだ。
ブーツがもう不快極まりない。


宿泊してるホテルが近い事も分かり
夕食もご一緒する事に。

港から中央駅まで歩いて帰りました。
バス乗るつもりだったYさん母娘を巻き込んで。
途中有名な「ダミケーレ」に寄ってみたら休み。
すぐ近くのトリアノンも休み~。
悲しいかな、日曜の欧州はこんなものだよね。


そこで私のホテルのフロントの女の子に
お勧めレストランを教えてもらったんだけど
行ってみたらそこは閉店直後だった。

もうあてもないので、駅のカフェへ。

a


本当に素敵な母娘にめっちゃ癒されました。



そして私は翌日の帰国の準備の為ホテルへ。

でもチョコしか買ってない事に気づいて
小さなスーパーにお土産のお買物に再び外出。
ラビオリとインスタントのリゾットゲット。
そしてカプチーノお持帰り~♪


っと、ホテルのBarでまたカプチーノご馳走になった。
a 
マネージャーの友達とやらで
このホテルに入り浸りみたいなCさんがいれてくれた。


そしてフロントにいたパトリックに
明日帰ります、とご挨拶。

そんな時に酔っ払いのおっちゃんがロビーに入り込んできた。
片手にタバコだし。
パトリックは出て行きなさい、と一生懸命追い出そうとしてる。
そしてフロントの女の子に「Cを呼んで」と。

Cさんは体格がデカイので用心棒になりそうなんだけど、、、
Cさん、この時Barでイタリアンガールとおしゃべりしてたのを
私は知っていた。
女の子がCさんに電話して一生懸命説明してたんだけど
Cさん、来てくれなかった。(やっぱりね↓)
結局パトリックが酔っ払いを一人で追い出しに成功。

「パトリック、あなたは強い人だね!!」
私が言うと、パトリックは照れたように笑っていた。
本当に心からそう思った。





[ 2013/01/26 ] 旅 外国 | TB(-) | CM(-)






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。