2017 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

2013 ナポリ 観光ラン!

2013年1月8日


ナポリの朝です。

a 
駅前の風景。


一日の一番初めのお楽しみ、朝食。
a

a 
簡素だけど、付いてるだけ助かる。

朝、フロントマンパトリックにまた会ったので
昨日のご挨拶を。



朝食を終えて、ナポリ観光へ。
ナポリは治安があまり良くなくて、なるべく身軽にしましょうって
書いてあったのを見てひらめいた。
手ぶらで出かけるなら、じゃ走って観光しようと。

という事で持ってきてたスポーツウエアを着て
iphoneと小銭と地図1枚だけ持ってお出かけ。

ゆっくりゆっくり走ります。


カプアーノ城
a
 


スパッカナポリ
a
ナポリの下町。  


ドゥオモ
 a



a 


ダンテ広場
a 


ガッレリア・ウンベルト1世
a  
ミラノのガッレリアを真似て作られたとか。
ミラノのに比べると規模は小さいしあまりお店等の華やかさもなく
人もまばら。


a 
この写真を撮っていた時になにやら声がした。
ふと見ると、自転車に乗ったフロントマンパトリックがいるではないか!
仕事を終え、帰宅途中だったんだって。
「君はどこにでもいるな~」と笑っていた。


すぐそこに美味しいお菓子屋さんがあるよ、行こう。
と誘ってくれたんだけど
残念ながら走ってる途中で食べ物が食べられない私。
丁重にお断りした。


ちなみにここがパトリックが誘ってくれたお菓子屋さん。
a
マリィ。
ガイド本にも大抵載っている、地元でも人気のお店。
美味しそう。

今思えば、例え食べれなくても
パトリックとの時間を取っておけば良かったと
ちょっぴり後悔している。

(パトリックに気があるのかと誤解されたら困るのだけど
この後もパトリックにはいろいろと助けられた事もあり、
旅行後の今でも人として本当に素敵な人だったと思えるから、
もう少し一緒に居たかったと思った。
ちなみにパトリックは私よりも10歳ほど上で
立派なお父さんなのである。)



パトリックと別れて再びジョギング。
 
プレビシート広場
a  


ヴェスビオ火山
a 
鹿児島の桜島に似ているとの事で
鹿児島とナポリは姉妹都市なんだって。


a 
海沿いの通りで、この先に卵城がある。
この通りはどうやらジョギングコースの様で
走っている人が結構いました。
私もこの先に進みたかったけど時間がなくてここまで~。
とりあえずホテル方向へ戻ります。


ヌーボ城
a
 

Gesu nouvo教会
a  



a
観光ラン記念に撮ってもらいました。



そしてお昼。
昨日知り合ったあの初老の男性。
あまりにも強引にランチの約束をさせられて
ほんとにこの日、迎えに来たー。
えぇぃ、もう友達になったって事でいいや~って
ほんとにランチに行ってしまった。
マジでランチだけー。

a
学食みたいなレストランだった(苦笑)

 a
魚料理はなんとかOKな味。

自分の分は自分で払おうとしたんだけど
「君はゲストだから」とご馳走になった。
そして帰り際には、明日港を利用する私の為に
港行きのバス停や港の切符売り場、
もし港から歩いて帰るのならこの道を曲がって、など
すごく丁寧に教えてくれた。
ほんとにジェントルマンだった。

数年前に奥さまが旅立たれたとの事。
きっとひとりが淋しかったのかな。
少しでも楽しい時間を過ごせたと思って貰えたのなら
良かったと思う。


さて、街まで送ってもらって再び散策。
さてトレド通りのこのお店。
 a

2年ほど前に来た時はこの有様だった↓
 a 
あちこちゴミの山だったけど、
今回は殆どそんな事もなくきれいな街になっていて良かった。



そしてケーブルカーに乗って
高台にある大きめのスーパーカルフールにも行った。
大好きなバーチディダーマやチョコをゲット。


ダンテ広場向かいのBar MEXICO.
a

トリップアドバイザーで結構評判が良かったので
寄ってみた。

a 
カプチーノ1.5€。
ちょいと苦め~。


そしてもう暗かったので早めにホテルへ帰りました。

この日は晩ごはん食べられず。
ベッドに横になると、まだくるくる回ってる感じがしてた。
なんと19時半過ぎには就寝。
(翌日はまた午前2時とかに起きたし!)






 
[ 2013/01/20 ] 旅 外国 | TB(-) | CM(-)






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。