2017 101234567891011121314151617181920212223242526272829302017 12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

2013 旅


2013年1月7日

旅に出ました。
1年9ヶ月ぶりの海外。

a 
成田出発は久しぶり。 


a
 いつの間にか機内でもビールも飲むようになって(笑)


機内食
a
ジャパニーズorイタリアン?
のチョイスだったみたいだけど
好んで最後列の席を取ったので
残りの和食だった。
いつも乗ってるフィンエアよりもずっと美味しいぞ。


この後調子に乗って白ワインも飲んだ。
そのせいか、着陸ちょっと前から
飛行機酔い状態。
いつもは楽しみにしている2度目の機内食も断った。

隣のスイス人のお兄さんが心配してくれて
心強かった。



ミラノで乗り換え。
a
 
あちらに見えるのは愛しのフィンエア!!
でも今回は行き先が違うんだな。



a 
アリタリアとコードシェア便のこちらで
たどり着いたのは、、、

ナポリ~ 。 


夜の9時頃到着。
日本時間だと翌日の午前5時。
もう相当眠いです。
飛行機酔いも重なってずっと目が回っている。


アリバスでナポリ中央駅へ。
 a
こちらの公共交通機関では切符を買っただけでは済まなくて
乗る際に打刻をしなくてはいけない。
知っていてもいざとなるとうっかり忘れちゃう。
早速ドライバーさんが教えてくれた。


と、そのアリバスの中でイタリア人の初老の男性が
どこのホテルに泊まるのか私に聞いてきた。
ドライバーさんとも知り合いだったみたいで
駅前は治安が悪いし、ホテルの前までバスで送ってくれると。
前回も経験した通り
ナポリ駅前の治安は相当よくない上にもう夜も遅く、
確かに私自身も不安に思っていたので
その方に甘える事に。

終点で他の乗客は皆降りて行き
私は本当にホテルの一番近い所で降ろしてもらいました。
しかもその男性、私のスーツケースまで運んでくれて
(断ってもあちらの方はある意味強引)
ホテル前まで送ってくれました。
そしてなんと、ホテルのフロントマンとも知り合いだった。
一体何者!?
しっかりさぁ、今から飲みに行こう!とお誘い頂き。
さすがに着いたばかりだし、もうすぐにでも寝たかったので
それはお断り。
そうしたら明日の観光は?ランチは?と来た。
本当に強引。(困っ)

とにかく本来のバス停からホテルまでの方角もよく分からなかったので
一応は助かりました。


a
☆☆☆ホテル。
駅前の便利な立地ながらも格安。


シャワー浴びてすぐに寝たんだけど、
午前2時だったか、もう目が覚めてしまった。
いつも経験する時差ボケ。

暇だったのでWi-Fiが繋がるロビーでネットをしていたら
先程のフロントマンが起きてきた。
ドロボーさんだと思われたのかな?
とりあえず眠れなくて、、、と伝え
そしてさっきの男性は何者?と質問したところから
フロントマン・パトリックはお話相手になってくれた。

私の解釈が正しければ、
スリランカ出身の彼の神様のお話をしてくれ
私達人間はみんな兄弟。神様は皆を愛してくれている。
もし誰かが良くない行動をして周りが気づかなくても、
神様が見ている。
そんなような事を言っていた。
 
私は無宗教だけれど
私の日常の考え方とパトリックのお話の価値観が一致したから
素直に受け入れられたんだと思う。

2時間くらいは話していたかな。
途中Barで紅茶までご馳走になって。
そして滞在中何かあったら連絡してきなさい、と
彼の連絡先まで教えてくれた。
とても純粋で正直で、とても尊敬できる人だった。


まだ着いたばかりだというのに、
既にいろんな人と出会って助けてもらって
素敵な旅の始まりの予感。



[ 2013/01/19 ] 旅 外国 | TB(-) | CM(-)






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。