2017 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

台北ひとり旅

記事の時期がかなり前後してます。

イタリア&フィンランドの旅から帰国したのがGW直前。
そして夫くんの出張が決まり…。

GW中はジムに行く程度で普段通りに過ごしました。
そしてGW最後の日曜日、夫が再び2週間の東京出張へ。

「じゃ私は実家に帰るね。」と夫には言って、向った先は

台北ー。

前回の出張の際はこれで揉めたし、今回もまた反対されるだろうから。
こんな妻で本当にごめんなさーい a


航空券はJALのマイレージでゲット。
サーチャージは別払いで13,100yenでした。
宿は「楽トラ」で一番安かったホテルを予約。
10年振り、2度目の台北。
節約&食いしん坊の旅、始まりです。

まずお決まりの機内食はお弁当。
aa
「なにわの空弁」ですって。お味噌汁まで付けてくれて。
a
デザートはあの堂島ロールのモンシュシュのプリン。
aa

GW明けだったからか、機内はガラ空き。
そしてビジネス客が圧倒的に多かったです。


関西空港からおよそ3時間のフライトで桃園国際空港に到着。
a
台湾のお金はこちらの空港で両替。
2万円を出して、手元に6,928元来ました。


空港からはこのピンクのバスで。
a
台北市内までは1時間程。結構遠い。

さて。
無事バスに乗ったはいいけど今度はどのバス停で降りていいのか分らない、
って事に気づいた(汗)
「MRT忠考復興駅」で降りるんだけど、この駅名の台湾語の発音が分らない。
車内放送もなければ、電光掲示板もない。
唯一いた日本人客は先に降りて行っちゃったし。

という事で、近くの人に文字を見せて「ここか?」と結構必死だった(笑)
けどあるバス停に着いた時、私が降りる所だと運転手さんが目で教えてくれた。
どうやら乗車時に切符を切ったお兄さんが、運転手さんに一言言っておいてくれたみたい。
a
MRT忠考復興駅で下車。


宿泊するホテルはもう1区隣のMRT忠考敦化駅。
そこまでは歩いていきました。
友統大飯店
aa
雑居ビルの13階にあるホテル。
MRT忠考敦化駅の2番出口から徒歩15秒ってとこでしょうか。
とっても便利な立地です。

フロントでチェックイン!
が、予約が入ってなかったみたい。
念のため携帯に「楽トラ」の予約確認メールを転送しておいたので
それを提示してすんなり済みましたが。

aa
ディユースでも使われてるみたいですが、日本のビジネスホテルとなんら変わりなく
清潔で期待以上に広かったので気に入りました。
2-5pmはアフターヌーンティーのお茶とお菓子、
朝は朝食がフロントの横に用意されていました。


さてさて、ホテル周辺を少し歩いてからディンタイフォンへ。
ホテルのすぐ近くに支店があったの。
a

ラストオーダーが近い時間だったので待たずに入れました。
a
私が座った席、テーブルとイスの高さが合ってなかった(笑)


ここは有り難い事に、日本語でオーダー出来ました。

A菜の炒め物(小)
a


小龍包の食べ方
a クリックで拡大

小龍包
a
a
熱々でハフハフ言わせながら食べるのを期待してたんだけど
そうでもなく温めだった。


あんこの小龍包(ハーフサイズ)
a
aa

サービス料10%が加算されて、以上で407元。1200yen位かしら。
台湾の中では高めなレストランだと思うけど、日本で食べるよりは
結構安いと思います。こういうお店には一番初めに行っておいて、
後はチープで美味しい食堂に行こうと決めてました。


次に歩いて向った先はこちら、IKEA~!
a
台北に来てまでIKEAかよ、って?自分でもそう思うけど
今住んでいる京都から大阪や神戸のIKEAは遠くてなかなか行けない。
台北のは交通の便が良い所にあるから行ってみたのでした。
キッチン雑貨をお買物。
日本で買うより随分安かったと思う。


次に地下鉄に乗って士林の夜市へ向いました。
これ、地下鉄の切符。
a
券売機で買った時、硬貨が戻ってきたのかと思った。


士林の夜市は台北で一番大きい夜市との事で行ってみました。
MRT士林駅ではなく1区手前のMRT剣潭駅が最寄。
aa
aa

駅を出てちょっと歩いてから、ここに以前来た記憶がよみがえって来ました。
前に台北に来たのは10年も前。夫と一緒で、私が台北に行きたがったにも関わらず
台北ではほぼ夫に任せきりで、ついて行くだけ。
そういう旅ってどこに行ったか自分は覚えてないのよね。
とにかくいつも夫に頼ってばっかりの自分を思い出して反省、
そして改めて夫に感謝。


士林で絶対に食べたかったのがこちらのカキ氷。
辛發亭(シンファーティン)
a
抹茶と小豆70元。
a
ふんわりしたかき氷。
小豆もいっぱいでとっても美味しかった。

目の前に座っていた男の子が他のお店の食べ物を食べていた。
台湾では持ち込みも当たり前にOKみたいです。


こちらがMRT剣潭駅の目の前にある、食堂がいっぱい集まった所。
a

aa
aa
右下の写真のお店で、ガイド本に載っていたホットドッグを購入。50元。
さすがにお腹いっぱいだったので、お持帰り。

ホテルに帰ってから台湾ビールと共に。
a
このビール、コンビニで30元位で100yenもしない。安~い!
しかも私好みの味で気に入りました。
a
ホットドッグはご飯で出来ていて、食べ応えあり。
ソースが甘め。冷えていても美味しかったわ。

この日の夜、ホテルの部屋でくつろいでいたら携帯電話が鳴ってビックリ。
''機内モード''にしておくのをすっかり忘れていた。
夫から。

夫「呼び出し音がなんか変な音がしたよ?」
私「今(実家の)車庫にいるの~」
夫「そっかぁ~」
…とそんな理由で納得してくれたのか、何の追求もなし。

電話切った後、笑っちゃった。
そして速攻で''機内モード''オン!
 
ほんと、ごめんよ。



[ 2011/06/10 ] 旅 外国 | TB(-) | CM(-)






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。