2017 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

世界遺産の町、高野山  午後編

満足ランチをいただいた後は、奥之院を目指して歩きます。
途中、お土産屋さんや和菓子屋さんがいくつか並んでいます。
a
その一軒でおやつを♪


奥之院参道の入り口に到着。
a

奥之院参道ガイドマップ
aクリックで拡大

a
五輪塔
奥之院にはおびただしい数の五輪塔が祭られています。
密教の数えでは、宇宙は「空・風・火・水・地」の5つの要素から構成され、
五輪塔の形はこれらから形作られています。

ずっとこんな風景が続いています。
a
a
a


奥之院入り口の手前にある水向地蔵
a
aクリックで拡大


奥之院は撮影禁止でした。
その手前から1枚だけでも撮っておけばよかった…

お参りをした後、頌徳殿(しょうとくでん 茶所)でお茶をいただきました。
aa
お茶を釜で炊いてるようです。
お饅頭はどこか途中の和菓子屋さんでゲット。


無縁塚
a


再びバスに乗って高野山駅方面に向いながら途中下車し、まだまだ観光。
徳川家零台
a

aa
『寛永20年(1643年)に三代将軍・家光によって建立されました。一重宝形造り(いちじゅうほうぎょうづくり)の建物が二つ並んでおり、向かって右が東照宮家康公霊舎(おたまや)、左が台徳院秀忠公霊舎となっています。』

a
a
間近で見ると建物の装飾が豪華、素晴らしいです。


最後は女人堂へ。
a
『その昔、高野山には七つの登り口があり、高野七口(こうやななくち)と呼ばれていました。明治5年(1872年)に女人禁制が解かれるまで、女性の立ち入りが厳しく制限され、そのため各登り口に女性のための参籠所が設けられ、女人堂と呼ばれました。現在の女人堂は唯一現存する建物です。』


再びバスに乗って高野山駅に到着。
来た道を戻ります。
京都~高野山まで片道およそ3時間。遠い…
けど行った甲斐ありました。
人が少ない分、良い雰囲気のまま落ち着いて見られて
わんさか人のいる京都の社寺巡りより充実感を得られました。


京都まで戻ってきて晩ごはんにカンパーイ♪
DSC_0240_20100808015344.jpg四条高倉の中華「きりゅう」にて。
DSC_0237_20100808015345.jpgDSC_0242_20100808015344.jpg
あと酢豚も頼んだけど写真忘れた…

お疲れ様ー。
今日も一日楽しかった!ありがとう!!



[ 2010/08/08 ] 旅 日本 | TB(-) | CM(-)






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。