2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

☆侍刃守田

株式会社讃匠(さぬきうどんの亀城庵)ファンサイト応援中

モニプラで亀城庵 さんの「侍刃守田(サムライパスタ)」に当選、
送っていただきました。


まずは完成図から(笑)。
a
さて。
何パスタに見えます?


送っていただいたのは「侍刃守田+味噌ソース」のセット。
a株式会社讃匠(さぬきうどんの亀城庵)

a
パスタはフェトチーネの様な太麺。
クリームソースなどこってりしたソース向いてそう。

a
お味噌を味見した所、甘い味噌でなんだか香ばしい。
そうそう、まるで五平餅の味噌みたい。
とにかく讃岐伝統の『白』味噌ににんにく、りんご、はちみつで
味を調えてあるそうです。
あ!赤味噌に見えてましたが違いました。


モニターに応募する際はこれでどんなレシピを提案できるか、がテーマでした。
パスタに味噌!?と最初は驚きましたが
味噌が赤味噌に見えたので、愛知出身である私は赤味噌料理は見慣れたもの。
「名古屋名物どて煮」を思い出し、私の大好きな「牛すじ煮込み」を味噌味にして
パスタとドッキングさせたレシピを提案してみました。
組合せが良かったのかな、見事当選しました。

生パスタって大好きで、しかもこちらはこれまた大好きな讃岐うどんも
製造されている亀城庵さんの生パスタなので期待大!
けど。
食べる専門(笑)で料理が得意でない私の腕で大丈夫かしら…
と不安だったり。
(夫の為、健康の為、毎日せっせと作ってはいますが公にするには自信がないって意味で)


とにかく頂いたからには作ってみましょう!!
ということで、まず牛すじは京都でも有名な「三嶋亭」で用意。
牛すじ煮込みはまずは普段通りのしょうゆ味で作りました。
参考レシピはコチラ↓

【材料】(2人分程度)
牛すじ 200g
大根 60g
蒟蒻 60g
生姜 1カケ

A
砂糖 大1と3/4
醤油 40ml
酒  40ml
水  150ml

【作り方】
1.牛すじと生姜1/2を入れた鍋に水をひたひたになるまで入れ強火にかける。
沸騰したら灰汁を取り、蓋をして30分程茹でる。
茹でてから一口サイズに切る。
2.大根はいちょう切り、蒟蒻は色紙切にし、それぞれ下茹でする。
3.1.の牛すじ、大根、蒟蒻、残りの生姜とAの調味料を鍋に入れる。
沸騰したら弱火にし蓋をして40分煮込む。

普段だったらこれで完成。
ですが、今回は味噌味がテーマなので
この牛すじ煮込みに、パスタ用の味噌を大さじ1杯程加えて
更に煮込んで半日ほど放置、材料に味を浸み込ませます。


そして食べる直前。
パスタを茹でてる間に、牛すじ煮に大さじ2杯程の味噌を加え
名古屋らしい超こってりした「どて煮」にします。
そしてなめらかさを加える為に、生クリームを50cc程加えました。

そこに茹で上がった生パスタを加え、パスタに牛すじ煮込みをからませます。
そしてパスタプレートに盛り、彩りよく野菜を盛り付けて完成!

命名:どて煮パスタ
a
ほら、いちょう切り大根とか蒟蒻とか
パスタにはあまり使わなさそうな食材が…

夫と私、正直言うと恐る恐る一口目をパクリ。

っと、めっちゃ美味し~!!!!!ビックリ~!!!!!
味噌味でありながら、こってりとした味付けが
デミグラスソースのようにパスタにピッタリなんです。
本当に夫と共に「おいし~!!おいし~!!」を連発しながら食べました。


a
パスタにもしっかりソースが絡まります。


パスタに味噌味がこんなにも合うものだったとは、嬉しい発見。
でもこれは私の腕よりもやっぱり美味しい手打ちのパスタと
それに合わせて作られたパスタ用のお味噌のお陰だと思います。

あと3食残っているので週末にでもまた違う味噌味のパスタを
作ろうと思います♪




[ 2010/05/21 ] 食べモノ | TB(-) | CM(-)






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。