2017 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

2006.06/2日目 爽やかな夏のフィンランドへ

2006年6月。
フィンランドの旅2日目。

マリエハムの朝。
a
宿のスタッフはいませんでしたが''勝手にどうぞ~''ってな感じで
朝食が用意してありました。
それにしてもこちらのキッチンって素敵だなぁ~。

a
シンプルな内容。


早速町歩き。
a

港で救急車に遭遇。
a
日本のに比べると派手だなぁ。
写真、快く撮らせてくれました。Vサインのサービスまで(笑)

a

a

a

a

郵便局
a
郵便もオーランド独自です。
切手もフィンランドの物とは違いました。



カフェへ
a
ここマリエハム出身のデザイナー、ロッタ・ヤンスドッターの本
「ロッタの北欧スケッチ旅行」でも紹介されていました。
a
a
オーランドパンケーキを食べました。
お米が入っていますがそれ程お米の存在感がなく、美味しかったです。 



お散歩再開。
a


海なのか?湖なのか?とにかく水辺まで来ました。
a


a



aa
ここではクジャクがいたり、餌目当てによってくるのが
ハトではなくカモだったりでちょっと不思議な''ビーチ''でした。


散歩の途中、スーパーマーケットらしき看板を発見し行ってみることに。
けど、歩いても歩いても全然見えてこず、それでも歩き続けて
1時間以上かかってやっとたどり着きました。
a
このマーケットで、前日に乗ったタクシーのドライバーに偶然再会。
狭い街なのでしょうかね。


スーパーマーケットからの帰り、
同じくロッタちゃんの本に載っていたホットドックを発見!
a
幹線道路沿いの空き地にポツンとある感じ。
でもお客さんはひっきりなしに来てました。
ほんとに美味しかった!


晩ごはん。
a
a
すんごい量!
マグは何気にARABIAのKestiです。

この日町を歩いてみて、フィンランドでありながら
フィンランドではない異国にいる気分でした。
街中にある看板や標識も全て私には全く知識のない
スウェーデンの言葉だったからでしょう。
でも青い空や緑の木々。自然がいっぱいで
のんびり、穏やかな空気の流れにはとても癒されました。
[ 2009/10/11 ] 旅 フィンランド | TB(-) | CM(-)






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。