2017 101234567891011121314151617181920212223242526272829302017 12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「ゴー!ゴー!フィンランド」な旅 ~4日目

やっぱり早い時間に目が覚めて、3時。
そしてやっぱり二度寝、6時起床。

タンペレ最後の日。

朝食。
Jun. 09 Tam- Hel copy 341
昨日のドーナツはカルダモンのきいた味。
生地がしっかりしてて食べ応えある。
一番かどうか分からないけど、とても美味しかった。

さてと、支度が済んだらまずはPostiへ。
8時から空いているから便利。

郵便局もお洒落。
Jun. 09 Tam- Hel copy 360
(実際行った駅近のPostiとは別の写真)

この伝票(エコノミー)で送ります。
Jun. 09 Tam- Hel copy 349
「ゴー!ゴー!フィンランド」には差出人欄にフィンランドの滞在先(ホテル等)の住所を
書くように指南してあったけど、万が一の時にホテルに返送されても困るので
私は差出人欄にも自宅の住所を。
とにかく「ゴー!ゴー!フィンランド」のお蔭で伝票がスムーズに書けた。

この伝票と荷物を一緒に受付カウンターへ。
さて重さは…12.1Kg
そして送料は…113.35ユーロ うわ、高っ。

でも今更止める訳にもいかないし。
一応トラベラーズチェックが使えるか聞いてみたけどダメでした。
ちなみにこのT/C、日本の郵便局で買ったんだけどな…

壊れ物が入っている旨伝えたら、どうやら「こわれもの扱いはないのよ」とのお返事。
「ちゃんと梱包してる?」
「はい」
「じゃ、大丈夫よ」と心強い一言。
とにかく荷物が自宅に届けばいいか~。

改めて思うと、一言言えば「こわれもの」シールを貼ってくれる
日本のゆうパックや宅配便は結構サービスいいのかも。

用事を済ませホステルへ帰る。
荷物をまとめチェックアウト。スーツケースを預かってもらう。
ヘルシンキに向かう前に、やっぱり欲しいと思った物の買い物へ。
まだ10時前だったのでお店に行く前に、ちょっぴり観光。

タンペレ図書館とムーミン博物館へ。(外観を見るだけね。)
コピー ~ Jun. 09 Tam- Hel copy 368
面白い建物!


Jun. 09 Tam- Hel copy 377
ストックを使って歩いている人を度々見かけた。
一つの健康法だと聞いたことがある。


図書館の周りを1周してると、Kirpputori(ガラクタ屋)また発見。
Jun. 09 Tam- Hel copy 369
Jun. 09 Tam- Hel copy 380
かわいいテキスタイルに出会う。

もう一軒お目当ての物を買い物した後にちょっと早めのランチ。
気になっていた屋内マーケットのスープ屋さんへ。
Jun. 09 Tam- Hel copy 391
メニューがフィンランド語のみでスープの内容がよく分からなかったので
お店の女の子のお勧めをオーダー。
出てきたのがコレ↓
Jun. 09 Tam- Hel copy 393
一口頂いて正直、失敗したと思った。
これは私が苦手な豆をすり潰した味。
こちらではとてもポピュラーなのよね。
がしかし食べ物を残すのは嫌い。全部食べた。


ホステルに戻り、スーツケースを受け取って駅へ。
切符を買って電車まで30分ほど時間が出来たので駅構内をグルリ。
ツーリストインフォメーションがあるのを発見。
ここは無料でPCが利用できる。日本語のサイトも見られる。
夫と姉にe-mailで元気だと伝えた。


13:07のICでヘルシンキへ。

Jun. 09 Tam- Hel copy 414
車椅子やベビーカーのスペースが広い。
備え付けのゴミ袋のデザインまで可愛く思える。


ヘルシンキに到着後、すぐ駅のインフォへ。
この日だけ事前に予定を決めかねていてホテルを取ってなかった。
予算を伝えホテルを予約をしてもらう。
5分で終了、手数料しっかり7ユーロ。でも助かった。

そして駅のKioskiでツーリストチケットを購入。
ヘルシンキ市内のトラム、地下鉄、バスが乗り放題になって便利。
3日間、72時間有効ってのも有り難い。


路線図を手にトラムを待っていると、80歳位の身なりのしっかりしたお爺さんが
どこにいくのか、と聞いてきてくれた。
インフォでもらった地図上のポイントを指すと、「じゃ3Tに乗りなさい」と。
そしてお爺さんは9番トラムに乗って去っていった。

3Tトラムを待っていると、先ほど電車の中にいた酔っ払いのオッサンがまたいて、
人に絡んでいる。
そう、電車の中で白ワインをラッパ飲みしてたこのオッサン。
周りの人に喋りかけまくっててしかし意外にもみんな話を聞いてあげてる。
ここでも戸惑いながらも立ち止まって聞いてあげてる女の子がいるし(お気の毒)。
フィンランド人はツーリストにも酔っぱらいにも優しい(のか!?)。
私は目を合わさないよう、平静を装う。

その間にトラムの路線図を再び見ていると、あれっ?
おじいさんが教えてくれた3Tは逆方向で3Bが正しい気がする。
しかも今お爺さんが乗っていった9番でもよかったじゃん。
まっ、どの道この停留所で待っていれば3Bが来るからいいけどね~などと考えていたら
目の前に見たことあるオッサンの顔が現れる。
酔っ払いだっけ??、、、じゃーなくって
さっき目の前でトラムに乗って去って行ったお爺さんだ!
幻を見ている気分でポカーンとしてしまった。
なんと、逆方向のトラムを教えてしまったから心配になって戻って来たと!
言葉にならない感激を受けた。

少しの時間一緒にトラムを待つ。
酔っ払いのオッサンが近づいてきた時には
お爺さんが私を守ろうとしてくれてるのが分かった。
もしかしてこのお爺さんは私がとても若くてか弱い娘に見えたのだろうか!?
『かもめ食堂』のサチエさんもアラフォーにも関わらず
フィンランド人には子供に思われていたしっ。
でも年齢的にも腕力でも、多分私の方がお爺さんを
守ってあげられそうな気がするのだが。

一緒にトラムに乗り、お爺さんは1区か2区だったかで下車して行った。
外からも手を振ってくれ最後まで見送ってくれた。
本当に温かかった。本当にありがとう。
ずっと忘れない大切な思い出がまた一つ増えた。



どうやら1区手前で下車してしまい道に迷ったけど
再び親切な人に教えてもらいホテルに到着。

HOTEL FENNO
Jun. 09 Tam- Hel copy 438
トラム停留所のすぐ前で便利。

Jun. 09 Tam- Hel copy 433
部屋にはTVに電子レンジにバス・トイレ付き。
やっぱりユースとは違うよねー(値段もねー^^;)

ここのホテルのトイレもアラビア製。
Jun. 09 Tam- Hel copy 498
食器だけでないのよね。


荷物を置いて早速街歩きへ。

7回目のフィンランドのくせに今回が初めて。
ハカニエミ屋内マーケット
Jun. 09 Tam- Hel copy 441
ここの2階にあるmarimekkoは安いと定評がある。

確かにここのmarimekkoは他とは違う雰囲気。
そうだ、陳列がドカーンって感じ。
けど気になっていたコートを見たら、タンペレのmarimekkoの方が
うーんと安いバーゲン価格だったよ。
1周してマーケットを出た。
次、UFFへ。
なんとなく気が乗らず、Fidaへ行こうとしたがどこにあるか見つけられず。

メトロに乗って隣駅のSornainenのFidaへ。
けっこう面白いけど買い物するほどでもなく。
まもなく電気が半分消され、閉店時間だと気付く。
日本みたく「蛍の光」は流れないのね。

なんとなーく行く宛がない気分だったので、メトロでItakeskusへ向かう。
Jun. 09 Tam- Hel copy 446
派手な色。


ここにはItakeskusuという大きなショッピングモールがある。
Jun. 09 Tam- Hel copy 453

Jun. 09 Tam- Hel copy 463
ストックマン、アンッティラ、Kマート、Sマート、H&M・・・なんでも揃ってる。

Jun. 09 Tam- Hel copy 461
ここでアイスクリームを。


さらっと一周してショッピングモールを出る。
メトロとトラムで一旦ホテルへ。
トラムの降りる所が曖昧で道に迷ってる時にアンティークショップ発見。
うひゃー、宝の山!!ここも素敵!
Jun. 09 Tam- Hel copy 475
Jun. 09 Tam- Hel copy 482
でももう閉店してたので明日出直すことに。


アイスクリームでお腹がいっぱいだったので
チキンサラダを中央駅地下のKマートで。
閉店間際でちょっと安くなってて4.50ユーロ。
Jun. 09 Tam- Hel copy 486
ドレッシングがぶちゃーとかけられチキンが見えない…

ドレッシングはお店の女の子のお勧め、カレー風味を。
香ばしいチキンに合って美味しかった!


シャワーとトイレが室内にあるって、やっぱり楽だわー。
けど、このホテルにもドライヤーが置いてなった↓
23時就寝。


 ~5日目に続く~

[ 2009/02/01 ] 旅 フィンランド | TB(-) | CM(-)






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。