スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

トゥルク城とジム


6日目木曜、トゥルクの続きです。

満腹になった後は、歩いて港方面へ向いました。
a


再びアウラ川沿いを。
a
停泊している船の中には、カフェやレストランとして営業しているものも。

対岸との渡し船。
a
市営で無料だそうです。


やっと次の目的地に到着。
私が歩くのが遅いのもあると思うけど、街から1時間位かかってしまった。

トゥルク城
a
1280年スウェーデン領だった頃に建てられたお城。
お城と言うよりも当時は要塞の役目の方が大きかったそうです。

aa
ほんと、お城というより古いレンガの建物という地味な感じ。
右の写真は建物の真裏から。
外観だけ見て中には入らなかったけど、一応フィンランドの三大古城制覇!


そして港の船の乗り場へ。
a
こちらはヴァイキングラインの方。

a
前回トゥルクへ来た時はマリエハムンから船でここへ到着しました。
その時は下船したばかりのたくさんの人達でごった返していましたが
今回は誰もいなくて静か。

aa
あまり見ごたえがなかったので、すぐバスに乗って街へ戻ることに。
街へのバス代は2.5e
ふぅ、本当にフィンランドは物価が高い。
そして日本の路線バスでは滅多に?全く?見かけない4人の向かい合った席。


終点の広場でバスを降りて、前日の夜見つけた素敵なアンティークショップへ。
お店が見えてきて遠くから、男性が店から出て行くのが見えた。
そして私到着。ドアを開けようとしたら鍵が掛かっている!
「今誰か出て行ったばっかりなのに!?」とプチパニック。
ドアに貼ってあったメモを見たら、フィンランド語で何やら
カフェにいるから用があれば電話してというような伝言と電話番号が。
フィンランドって平和~。
今出て行ったのを呼び戻すのもなんだし、買うかどうかも分からないので
このショップは諦めたorz.

そして近くのトゥルク鉄道駅を見学。
a
a
小さな駅。


ちょっと時間が余ったのでホテルの部屋に戻って1時間ほど休んだ後、ジムへ。
朝一でスタジオプログラムの予約をしておいたの。
a
GYM2000.
このジムへ来るのは2度目ですが、前回の場所から移転して
長距離バスセンターの目の前にありました。

予め調べておいた1回券は9e.
カウンターで言われた金額をうん、うん、分かってると聞き流しながら
(実際は聞いちゃいなかった)10e札を出し、受け取ったお釣を見て初めて驚いた。
手の中に3euroある。「え、7e???」と
思わず壁の料金表と若いスタッフさんの顔を交互に見ちゃった。
スタッフさん、「いいのよ。たっぷり楽しんで」と学生料金で通してくれた!!
ありがとー!!(←何に感謝!?)
実際の私を知ってる人、これ読んだら失笑してると思う。。。

今回はレスミルスのパンプとコンバットを。
こちらのジムのスタジオは女性専用でした。
パンプはビックリする位、みんな重いウェイトをつけている。
日本の男性並み。
めちゃめちゃ細い子なんかも、腕をワナワナさせながら頑張ってました。
曲は古いナンバーのミックスだったので馴染みがあり
時々言葉が分からなくても、感覚でカウントを覚えてて大丈夫でした。

あとね、レッスン前に結構ジロジロ見られた。
鏡越しに私を見て驚いて振り向いた人もいて、でも誰か話しかけてくる訳でもなく
(まぁ話しかけられても言葉が分からないので困りますが)ちょーっと心細かった。


ジムで汗を流した後、晩ごはんの買出しへ
a
帰り道、また素敵なアンティークショップを発見。
もう遅い時間だったので閉店してたけど。
今回、そういったお買物は不発だったわ。


ホテルの部屋で晩ごはん。
チーズたっぷりのサラダ
a

カツとポテトと温野菜
a

ビール
a
このビールは2.7%の低アルコール。
アルコール度数の数字でも表示されているけど、
lとかlll(これが5%位)とかで見分けられます。
ビールは好きだけど強くはない、という私でもたくさん飲めるからいい。
日本にもあればいいのに。


6日目木曜日、終わり。
スポンサーサイト
[ 2011/06/01 ] 旅 フィンランド | TB(-) | CM(-)

トゥルクからサロへ

7日目金曜日、トゥルクの朝です。

長距離バスセンターの向こうにホテルがあって、
朝食を食べにそこのレストランに行ってみたら閉まっていた。

じゃ、やっぱりカフェオレをと、再び向いのマックへ。
そしたらマックも閉まってた。
え!?
a
24hって看板に書いてあるよ???

マックのすぐ横のドライブインのコンビニに行ってみたら
ここに欲していたちゃんとマシンで入れるカフェオレがあったので
とりあえず解決。

朝食で食べたお米のデザート。
aa
a
カスタードの様な甘いババロア?ムース?の中に
柔らかいお米が入っている、こちらでは当たり前のデザート。
そのままでも添付のジャムと混ぜて食べても意外といけます!


この日は朝から雨。
この日の予定は午前中にもう一度トゥルクの街を散策してから
午後にでも列車でヘルシンキへ移動するつもりだった。
でも雨で街歩きも鉄道駅まで行くのも億劫。
という事で、計画変更。
まずは目の前にある長距離バス亭からSALOと言う町へ。
来る時にバスの中から見つけたKirpputoriに行って、
SALOから列車でヘルシンキへ行く事にしました。
Kirpputoriとは蚤の市、セカンドハンドです。
根気よーく見てると、ARABIAなどの掘り出し物に出会えたりします。
だから大好き♪

aa


SALOのバス停で降りて、お手洗いを借りようとショッピングモールへ。
a
あら?閉まっている。人も全然いない。どうして?
金曜の平日だしもう10時過ぎてるのに。
フィンランドって時間には割りと正確なのに、どうして?

と、不思議に思いながらとりあえず一番の目的地に向いました。
a
うろ覚えでも無事到着~♪

aa
aa
ここは無人のフリーマーケット。
テーブル毎に出品者が分かれていて商品にテーブル番号が付いてます。
欲しい品があればカゴの中へ。
会計は中央のレジで済ませます。
右下のカップ&ソーサーは残念ながら売り物ではなく、店内にあるカフェの。

a
ここでは古いアラビアの深い皿とこの手編みの鍋敷きをゲット。


さて、お腹も空いてきたので街に戻ってランチでも、、、と思ったのだけど
やっぱりショッピングセンターはクローズしてるし街も閑散としたまま。
どうして?どうして?と思いながら、今から駅に向えば
もうすぐ電車が来る時間だったのでそのまま駅に行きました。

aa

ヘルシンキへの電車は1時間に1本。
切符を買う時間もなかったのですが、車内購入でOKでした。

電車の中ではなんとWi-Fiが使えました。
a
ちゃんとVR(フィンランドの国鉄みたいな)のネットワーク。
さすがITの先進国だなぁ。

とにかく、もしやと思ってフィンランドの祝日を調べてみたら
嫌な予感が的中、この日は祝日でした。
だからいろいろなお店が閉まっていた訳です。
しかも2日後の日曜日(旅の最終日)も祝日と判明!
欧州は日曜祝日にお休みするお店が多いし、土曜日は早く終わるし。

今回の私のフィンランド滞在4泊5日の内、1日は土曜日、2日は祝日
と言うことに。しかも貴重な1日半あった平日はもう終わっている。
その貴重な平日をジム中心に動いちゃったし。
これから行くヘルシンキでは果たして楽しめるのだろうか?

今回の日程は飛行機の空席優先で旅行会社に任せてしまって、
自分もすっかり祝日のチェックを怠っていました。
当日まで全く気づかないなんて、ホント浅はか過ぎ。


車内販売のカプチーノで空腹を落ち着かせ。
aa
インスタントでした。
自前のジャンドゥーヤを入れたら何とか飲める味に。


a
私が座っていた車両はどうやら子供連れ優先車両だったようです。
ベビーカーや車椅子を置くスペースやオムツを替えられる
広めのお手洗いがありました。


7日目、ヘルシンキに続く。


[ 2011/06/02 ] 旅 フィンランド | TB(-) | CM(-)

共作ランチ。


ジムで一番仲良しの友人が遊びに来てくれた。
もう3度目だっけか。
彼女の2ヶ月もの帰省中、お互いに行った旅の写真などを見せ合おうって事で。

この英語話者の友人、ジムでは英語で彼女と話したがる人が何人かいるのに
ろくにしゃべれもしない私を慕ってくれている。
つい先日、旦那さんのお父さんと電話で日本語で話せた!と喜んでた。
私と日本語でしゃべってるお陰だ、なーんて言ってくれた。
英語がしゃべれない事で私も役に立ってるみたい。
複雑~(^^;) いやいや、素直に嬉しい。


ということで、うちで昼ごはん。
a
ひじき入り豆腐ハンバーグ、ニンジンのポタージュを私が作り、
アジアンサラダを友人が作ってくれた。
a
健康ランチ!!

ここ最近ずっと夫が出張続きで、一人だと作る気になれなかったけど
食べてくれる人がいて張り切れたわ。
ごちそう様~♪





[ 2011/06/03 ] 食べモノ | TB(-) | CM(-)

祝日のヘルシンキ

7日目金曜祝日の続き。

午後、ヘルシンキに到着。

a
↑プラットホームに表玄関↓
a


お腹ペコペコ~。
でも祝日で選択肢があまりなく、以前行った事のあるピザ屋さんに飛び込んだ。
a
ナポリでピザを食べた時はあまりにも美味しくて
しばらくは他でピザを食べられないや…って思ったくせに
さっそくピザを食べてる自分が可笑しかった。
ナポリのピザとは別物だけど、これはこれでまぁ美味しかった。


お昼ごはんの後はとりあえずトラムでホテルへ。
ヘルシンキ市内のトラム、地下鉄、バスが乗り放題の
2daysチケットを買いました。
こちらのチケットは2daysと言っても48時間有効なので便利。
ヘルシンキ滞在2泊3日で48時間程を賄えました。

そしてとっても便利だったのがヘルシンキ市内を走るトラムや
地下鉄車内でもWi-Fiが使えました。
街中でもWi-Fiに繋がる場所は多くあったけど、トラムや地下鉄に乗れば
確実にWi-Fiに繋げられたので、ちょっとした調べ物に便利でした。
日本の鉄道でもこんなサービスがあったらいいのに。


AVA Hotelli
a
中心地からちょっと離れていて住宅街にありました。
トラムの停車駅やヴァンター空港行きのバス停から2-3分なので便利。
時期にもよるし素泊まりだけど、以前泊まったホステルより安かったので選びました。
ちなみにこちらのホテルはWi-Fiは有料でした。

a
窓から見える景色が公園で、穏やかな感じがなかなか良かったです。


再び街へ。
a
ストックマンデパートの辺りも閑散としてました。


大好きなカフェSUCCESもやっぱりクローズ。
a
a
祝日、土曜、祝日と日本で言う3連休みたいな感じだからか
土曜も一緒に休むお店も中にはあったみたいです。
幸いこのカフェは土曜日だけ営業するらしい。


トラムで街に戻る途中、港にシリアラインが停泊しているのが見えたので
行ってみる事に。
a
OLYMPIA SATAMA(港)
a
私が行った時はチェックインの行列が長かったです。
大きな船だから、乗客もいっぱいだね。

この港内にあるRobert's Coffeeは営業していたので行ってみました。
a
帰り際に撮ったので誰もいませんが、入った時は船に乗る前の人で
ごった返していました。
Robert's Coffeeはフィンランドのスタバ的存在。
スーパーマーケットでもここのコーヒー豆が買えます。

カプチーノ
a
フィンランドのコーヒー、以前は大好きだったんだけど
イタリアで美味しいコーヒーを覚えてからは
なんとなく物足りなさを感じるように…

aa
ここのRovert's Coffeeは景色がいい!
a


ヘルシンキの屋内マーケット
a
もちろんこの日はクローズ。


a
ヘルシンキの中心地、エスプラナーディの公園も閑散としてました。

カッペリ
a
エスプラナーディの真ん中にある老舗のカフェレストラン。

エスプラナーディ沿いにある建物。
a
ここにはiittalaやaarikka,PENTIKなどが入っている。


ホントに行く所、する事が思いつきません。
夕方から何をしていたかあまり記憶がないので
多分スーパーマーケットでもハシゴしてたと思う。
恐るべし、祝日。


晩ごはんに鉄道駅の中にあるインドカレーのお店に行ってみたら
店頭で事前に確認していた営業時間よりも早くクローズしてて困った。
やっとこ見つけたオープンしているコチラで晩ごはん。

a
またピザー。
でもね、ブッフェで6.99e(期間限定の値段)だったの!
aa
サラダをたくさん頂けました♪


バスみたいに長~~い!
a
リムジンだっけ?フィンランドにもあるんだ~と驚いた。



7日目、終わり。

[ 2011/06/04 ] 旅 フィンランド | TB(-) | CM(-)

ヘルシンキで不発気味なお買物

8日目土曜日。ヘルシンキの朝です。


旅から既にひと月以上経過してて
この旅の後もアチコチ出ずっぱりだったし、記憶が薄れ掛けてます。
ヘルシンキでは(食べ物以外の!?(笑))写真が少なく
どう行動したのかちょっと曖昧。




ホテルの部屋で朝食。
a
Yoggiは「pineapple/guanabana/vanilla」味。
子供の頃によく飲んだヨーグルト飲料「ヨーク」みたいな懐かしい味がしました。
guanabanaって何?と調べてみたらトゲバンレイシという熱帯地域の
果物だそうで日本ではなかなか珍しいとか。

aa
シナモンロールと甘いプッラ(菓子パン)。



この日は待ちに待った土日限定の蚤の市「Vartteli」へ。
偶然、ホテルから徒歩圏内でした。
a
この日はアラビアなどの食器の掘り出し物に出会えず、
かわゆいフィンランド国旗のピンバッヂやステッカーなどをお買物。
端っこに食料品が売られてて、訳ありなのか激安。
ゲイシャチョコの新作まであった!
a
他の写真は翌日撮ったので、次の日記で。


次にトラムでアラビアのファクトリーショップへ。
a
ここではもう欲しい物だらけ!
でもじゃんじゃん買えるほど激安品もなく、まぁキリがないので
マグカップをひとつだけ。
a
この「RUNO」というデザインの大きなマグカップ(15.40e)を。

以前webで、ここならユーロのトラベラーズチェックが使えると情報を得てたけど
スタッフさんに聞いてみたら、使えないって。
もはやフィンランド内でT/C使える所、ないのでは???
(もちろん、換金はできますよ。)


再びトラムで街へ。
ランチタイム~♪
a 昨晩振られたインドカレー。

「NAMASKAAR」
というチェーン店。
ヘルシンキの中央駅にあります。
他にもヘルシンキ市内で何店舗か見掛けました。
a

a

a
チキンのカレー(8.90e)を。

a
サラダバーも付いてました。


お気に入りのカフェ「SUCCES」へ。
相変わらず満席、レジにも行列。
お目当てのシナモンロールをテイクアウト。


次にヒエタラハティに行ってみたら、少しだけフリマが出ていた。
a
お目当てのモノには出会えず。
屋内のアンティークマーケットには立ち寄らず。


そのまま海方面へ向って、たまたま見つけたスーパーマーケットへふらり。
a
おやつとmarimekkoのペーパーナプキンをゲット。
a
とっても手頃な値段で手に入るmarimekko.

a
外で行儀良く飼い主さんを待つワンコ達。
ちゃーんとワンコ用パーキングがあった!
a


セカンドハンドの「fida」にも行ったな。
そこでARABIAのTEEMAの黒C&S発見。裏のロゴが王冠で迷わずゲット。
あとハックマンのカトラリーも。


WAYNE'S COFFEE
a
オープンしてたし、暇だな~と思ってフラリと入ってみた。
a カフェオレ 3.50e
このカフェでもWi-Fi使えました。


ヘルシンキのnansoへあのワンピースを求めて行ってみた。
aa
店内になかったのでスタッフさんに写真を見せて聞いてみたら、
このデザインは新しい物で来週に入ってくる、との事。
明日帰国の私...orz
なーんと、首都よりもローカルな街の方が入荷が早いの!?


エスプラナーディ通りのmarimekko。
a
12eのエコバッグを迷いに迷った挙句買わなかった。
でも思い直して30分後、もう一度お店に戻ったら、、、
17時を過ぎていたのでお店がクローズしていた。
次の日は日曜で祝日だからお休みって張り紙も…
アウト~orz

お店がやってる時間帯にのんびりカフェでくつろいでいる場合じゃなかったかも。
本当に今回の旅ではお買物が不発続き(涙)



8日目、続く。




[ 2011/06/05 ] 旅 フィンランド | TB(-) | CM(-)

ちょこっとフィンランドらしい風景

8日目土曜日。

不発気味なお買い物タイムを終えました。
もう夕方です。


土曜日のエスプラナーディの公園。
a
祝日だった前日とは人の数が全然違います。


傷心気味な自分を慰めながら、おやつターイム!!
a
aa
チョコのババロアみたいな感じ。
この「三人の鍛冶屋」像の真下で食べました。
a


さて、これから何しよう?
ホテルに戻るにはまだ早い時間だし、ショップももう閉まってるだろうし。
ちょっと考えて、トラムで''ドライブ~''する事に。
今まで乗ったことのなかった4番ラインに乗ってみました。
終点まで乗って折り返し街まで戻ってくるつもりだったけど
折り返し地点近くで海?湖?が見えてきたのでとっさに下車。
a
美し~い!
若い男子2人も語り合ってる様です。
フィンランドらしい風景に感激しました。
a

a
岸辺にはオープンカフェも。
a

a
冬場は凍っていたのでしょう、融けかけてでした。


美しい風景にすっかり気分も良くなって(元々良いですが。)
トラムに乗り、ホテルへと戻りました。

晩ごはんはホテルの部屋で。
a
窓から見える景色を眺めながらの夕食は、なんだかとても贅沢な気分。
a
カレワラパイの一つはじゃが芋バージョン。
じゃが芋の方が好み!
a


今回のフィンランドの旅、最後の夜でした。
8日目終わり。




[ 2011/06/06 ] 旅 フィンランド | TB(-) | CM(-)

この旅、最後の日

9日目、日曜祝日。
この旅、最後の日です。

ヘルシンキの清々しい朝。
a
aa
前の日の晩ごはんの残りで即席サラダとカフェ「SUCCES」のシナモンロール。


チェックアウトをして、スーツケースを預かってもらい
前日にも行った蚤の市「Vartteli」へまた行きました。
aa

片隅にカフェがありました。
出店者さん達が店番しながらここのコーヒーを飲んでました。
aa
aa

この日はARABIAの古いシュガーカップ、iittalaのフラワーベースと
北欧らしいステンレス製のピッチャーをゲット。
aa
a


その後、街へ行ってみたものの、やっぱりする事が思いつかないので
気まぐれに観光。

ヘルシンキ大聖堂
a
1852年に完成した新古典主義様式の建物。
C.Lエンゲルの設計だそうです。
手前の大きな階段は気候が良い時には憩いの場になってます。

元老院広場
a
中央の像はロシア皇帝アレクサンドル2世。

観光、以上!
次はランチタイム!!

前回の旅では改装中で振られてしまったこのレストラン。
Ravintora TORI
a
2度目の訪問です。
a
雰囲気が変わってましたが、これまた素敵な雰囲気。
aa


日曜はランチメニューがないので、アラカルトからオーダー。
ミートボール
a
前回頂いたロールキャベツ同様、甘いリンゴンベリーのジャム付き!
a
リンゴンベリーはコケモモです。
北欧産のリンゴンベリージャムはイケアやカルディで見かけたことがあります。

黒板に書いてあった有機ブルーベリーのジュースも。
a
ちょっと甘すぎ~。



ランチの後は日本に持ち帰り用の大好きなパンを調達。
でも行きたかったパン屋さんは残念ながら日曜休み。
日曜祝日にぶち当たると、パンまで不発な買い物になってしまうのね。

スーパーマーケットで控え目にお買物。
aa

aa
左のお菓子は今回初めて目にした。不思議な形。
調べてみたらTippaleipa:(ティッパレイパ)と言って
5/1のメーデーに食べる揚げ菓子ですって。
パリパリ・サクサクしてるそうです。どんな味なんだろう?


さてもう14時頃。
そろそろ空港へ向わなきゃ。
ホテルでスーツケースを受け取って、ホテル近くのバス停から
ヴァンター空港行きのバスに乗り込みました。

今回スーツケースを新調して、今までのよりひと回り小さいお陰で重さも-2Kg.
今まで毎回毎回、重量オーバーでフィンエアのオネエさんに怒られ
不要な荷物を空港で処分したり、と自業自得とはいえ大変な思いをしてきてたの。
今回買い物が不発に終わったお陰で、帰りのスーツケースの重量は20Kg程。
それならイタリアで苺のワインをやっぱり買っておけば良かった~など
変な事に後悔をする私でした。


ヴァンター空港もどんどん新しくなってますね。
パスポートコントロール手前の2Fにあるカフェ、いい眺めでした。
a


機内食の夕食メニューはランチとかぶってました(笑)
a
さすが北欧、ジャムもちゃーんとついてました。
(ご覧の通り、パンもないのにジャムがあるって事はミートボール用だよね)
そしてジャムを付けた方が美味しく感じました。


朝食。超シンプル。
a
a
モッツアレラチーズとトマトのサンドイッチ。
美味しかった。


10日目の朝、無事に関西空港に到着。
出張帰りの夫とすれ違うように旅立ったこの旅も終わり。
3週間ぶりに夫の顔をゆっくり見たって感じ。
が、しかしGW明けにまた夫の2週間の出張決定だって。

ひとり旅も大分慣れてきた私。
夫の出張=旅立ちのチャーンス!とひとり企む私a






[ 2011/06/07 ] 旅 フィンランド | TB(-) | CM(-)

大人のスイーツブッフェへ

5月の後半、前のジムの友人4人でスイーツバイキングに行ってきました。
京都駅から直結のホテルグランヴィア内のカフェです。

カフェレストラン ル・タン
京都市下京区烏丸通塩小路下ル JR京都駅中央口
ホテルグランヴィア京都2F
0630-2400(2330LO)


このバイキング、「ナイトスイートバイキング」と言って夜の9時半から始まるの。
なので家で晩ごはんを軽~く食べてから行きました。

スイーツ以外にもサンドイッチなど軽食があるとは聞いていたけど
ハンバーガーあり、種類豊富のサラダバーありで
「何から食べよ~う!?」とワクワク。

a
このハンバーガーは自分でサンドしていくシステム。
バンズがほんのり甘くて、意外にもハンバーガーとして美味しかったです。
最近食べたハンドメイドのハンバーガーの中で一番かも。

a

カフェラテ
a
マシンで1杯ずつ入れられるタイプ。

パスタはサービスとか。
a
一人一皿、テーブルまで運んでくれました。

サラダ
a
ドレッシングも豊富でバーニャカウダソースが美味しかった。

結構食事を頂いてから、スイーツへ。
スイーツの種類も豊富でした。
a
マカロンやクッキー類、ソフトクリームもあった♪♪

クレープ
a
その場で焼いてくれます。
ジャムやクリーム、蜂蜜など用意されてたけど
すぐ横にあるアイスクリームを自分でトッピング。


京都ネーゼの姉さんとよっちゃんはもともと食が細い人なんだけど
2人とも''頑張って''食べてた(笑)
男子のSさんは結構食べてたので、私も一緒に安心して食べれちゃう。
私が食いしん坊なので、やっぱり一緒にご飯を食べる時は
たくさん食べてくれて「美味し~ね~」と笑顔で言い合える人だと楽しいなと思った。

このブログの中でも名前は何度か出てきているよっちゃん
何気ない会話からよっちゃんの勤務先の話になり、
私のご近所友達(旭川時代にお隣さんとして知り合って今現在再びご近所)が
昔、会社の先輩と後輩で今でも仲良しって事が判明~。
それはビックリ!
私が旭川と京都というとっても離れた場所で出会った二人に接点があったなんて、
「世間って狭いね~」とお決まり文句で感心してました。





[ 2011/06/08 ] 食べホウダイ | TB(-) | CM(-)

Patisserie Emu Kyoto

5月の終わり、ジムの帰りにSちゃんとおしゃべりしよっかと
ジムから程近いケーキ屋さんへ。

Patisserie Emu Kyoto
京都市中京区西ノ京原町64 ルミエール御池103
1200-2000
月曜定休日

西大路御池交差点を東へ2,3分。


店内はヨーロッパチック?で落ち着いた感じ。
a
テラス席もある。
a

ケーキセット800yenを。
ショーケースの中のケーキを選べます。

ピスタチオとチョコレートのムースケーキを。
a
デコレートしてくれてかわいい。
ケーキのお味は、ピスタチオよりも何か香辛料の味が利いてて
私としてはちょっと期待外れ。
a

友人のオーダーはショートケーキ。
a
一口パクリ。
こちらは普通に美味しかった。


ケーキの値段は300~400円台が中心。
この辺りは他にあまり良さそうなカフェがないので、
またおしゃべりしたい時に利用させてもらいたいと思います。


[ 2011/06/09 ] カフェ | TB(-) | CM(-)

台北ひとり旅

記事の時期がかなり前後してます。

イタリア&フィンランドの旅から帰国したのがGW直前。
そして夫くんの出張が決まり…。

GW中はジムに行く程度で普段通りに過ごしました。
そしてGW最後の日曜日、夫が再び2週間の東京出張へ。

「じゃ私は実家に帰るね。」と夫には言って、向った先は

台北ー。

前回の出張の際はこれで揉めたし、今回もまた反対されるだろうから。
こんな妻で本当にごめんなさーい a


航空券はJALのマイレージでゲット。
サーチャージは別払いで13,100yenでした。
宿は「楽トラ」で一番安かったホテルを予約。
10年振り、2度目の台北。
節約&食いしん坊の旅、始まりです。

まずお決まりの機内食はお弁当。
aa
「なにわの空弁」ですって。お味噌汁まで付けてくれて。
a
デザートはあの堂島ロールのモンシュシュのプリン。
aa

GW明けだったからか、機内はガラ空き。
そしてビジネス客が圧倒的に多かったです。


関西空港からおよそ3時間のフライトで桃園国際空港に到着。
a
台湾のお金はこちらの空港で両替。
2万円を出して、手元に6,928元来ました。


空港からはこのピンクのバスで。
a
台北市内までは1時間程。結構遠い。

さて。
無事バスに乗ったはいいけど今度はどのバス停で降りていいのか分らない、
って事に気づいた(汗)
「MRT忠考復興駅」で降りるんだけど、この駅名の台湾語の発音が分らない。
車内放送もなければ、電光掲示板もない。
唯一いた日本人客は先に降りて行っちゃったし。

という事で、近くの人に文字を見せて「ここか?」と結構必死だった(笑)
けどあるバス停に着いた時、私が降りる所だと運転手さんが目で教えてくれた。
どうやら乗車時に切符を切ったお兄さんが、運転手さんに一言言っておいてくれたみたい。
a
MRT忠考復興駅で下車。


宿泊するホテルはもう1区隣のMRT忠考敦化駅。
そこまでは歩いていきました。
友統大飯店
aa
雑居ビルの13階にあるホテル。
MRT忠考敦化駅の2番出口から徒歩15秒ってとこでしょうか。
とっても便利な立地です。

フロントでチェックイン!
が、予約が入ってなかったみたい。
念のため携帯に「楽トラ」の予約確認メールを転送しておいたので
それを提示してすんなり済みましたが。

aa
ディユースでも使われてるみたいですが、日本のビジネスホテルとなんら変わりなく
清潔で期待以上に広かったので気に入りました。
2-5pmはアフターヌーンティーのお茶とお菓子、
朝は朝食がフロントの横に用意されていました。


さてさて、ホテル周辺を少し歩いてからディンタイフォンへ。
ホテルのすぐ近くに支店があったの。
a

ラストオーダーが近い時間だったので待たずに入れました。
a
私が座った席、テーブルとイスの高さが合ってなかった(笑)


ここは有り難い事に、日本語でオーダー出来ました。

A菜の炒め物(小)
a


小龍包の食べ方
a クリックで拡大

小龍包
a
a
熱々でハフハフ言わせながら食べるのを期待してたんだけど
そうでもなく温めだった。


あんこの小龍包(ハーフサイズ)
a
aa

サービス料10%が加算されて、以上で407元。1200yen位かしら。
台湾の中では高めなレストランだと思うけど、日本で食べるよりは
結構安いと思います。こういうお店には一番初めに行っておいて、
後はチープで美味しい食堂に行こうと決めてました。


次に歩いて向った先はこちら、IKEA~!
a
台北に来てまでIKEAかよ、って?自分でもそう思うけど
今住んでいる京都から大阪や神戸のIKEAは遠くてなかなか行けない。
台北のは交通の便が良い所にあるから行ってみたのでした。
キッチン雑貨をお買物。
日本で買うより随分安かったと思う。


次に地下鉄に乗って士林の夜市へ向いました。
これ、地下鉄の切符。
a
券売機で買った時、硬貨が戻ってきたのかと思った。


士林の夜市は台北で一番大きい夜市との事で行ってみました。
MRT士林駅ではなく1区手前のMRT剣潭駅が最寄。
aa
aa

駅を出てちょっと歩いてから、ここに以前来た記憶がよみがえって来ました。
前に台北に来たのは10年も前。夫と一緒で、私が台北に行きたがったにも関わらず
台北ではほぼ夫に任せきりで、ついて行くだけ。
そういう旅ってどこに行ったか自分は覚えてないのよね。
とにかくいつも夫に頼ってばっかりの自分を思い出して反省、
そして改めて夫に感謝。


士林で絶対に食べたかったのがこちらのカキ氷。
辛發亭(シンファーティン)
a
抹茶と小豆70元。
a
ふんわりしたかき氷。
小豆もいっぱいでとっても美味しかった。

目の前に座っていた男の子が他のお店の食べ物を食べていた。
台湾では持ち込みも当たり前にOKみたいです。


こちらがMRT剣潭駅の目の前にある、食堂がいっぱい集まった所。
a

aa
aa
右下の写真のお店で、ガイド本に載っていたホットドッグを購入。50元。
さすがにお腹いっぱいだったので、お持帰り。

ホテルに帰ってから台湾ビールと共に。
a
このビール、コンビニで30元位で100yenもしない。安~い!
しかも私好みの味で気に入りました。
a
ホットドッグはご飯で出来ていて、食べ応えあり。
ソースが甘め。冷えていても美味しかったわ。

この日の夜、ホテルの部屋でくつろいでいたら携帯電話が鳴ってビックリ。
''機内モード''にしておくのをすっかり忘れていた。
夫から。

夫「呼び出し音がなんか変な音がしたよ?」
私「今(実家の)車庫にいるの~」
夫「そっかぁ~」
…とそんな理由で納得してくれたのか、何の追求もなし。

電話切った後、笑っちゃった。
そして速攻で''機内モード''オン!
 
ほんと、ごめんよ。



[ 2011/06/10 ] 旅 外国 | TB(-) | CM(-)






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。