スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

チョコパス巡り開始!

(Feb.2010 2日目午前・トリノ)

さて。
朝食をたらふく頂いて
8時過ぎ、街歩きスタート。

ホテルの正面の風景も素敵。
a


ローマ通りを通ってツーリストインフォメーションのある
カステロ広場へ向かいます。

途中のサンカルロ広場。
a

a
雨上がりだったので霧っぽく、なかなかいい雰囲気でした。


カステロ広場に到着。
a

サヴォイア王宮
a


チョコパスはツーリストインフォメーションで買えます。
オープンの9時になったと同時に購入。
a
2日間有効、12ユーロ。
約20軒中、10軒選んでお試しチョコを頂けます。
ジャンドゥーヤだったり、チョコケーキだったり、チョコレートドリンクだったり。



このお店はチョコパスには含まれていないのですが
ジャンドゥーヤが日本で通販されているのを見つけて
気になっていたので寄ってみました。

BARATTI & MILANO
a
ここでジャンドゥイオッティ(ジャンドゥーヤ)とクレミーノ・クラッシコの詰合わせを購入。
a 500gで20ユーロ

ついでにビチェリンをカウンターで立ち飲み。
a
ビチェリンとはホットチョコレートにエスプレッソと
泡立てミルクを加えたドリンクです。
意外とあっさりしてました。

この国のカフェではカウンターとテーブル席でドリンクの
値段がずいぶん違います。
カウンターのお客さんは本当に飲食するだけ。
ものの2,3分で出て行きます。
日本のカフェでもそうだったらいいのに、って思いました。



さて、チョコパス巡り1軒目、「La Perla di Torino」。
a
街からはやや離れていますが徒歩圏内。

オリジナルのチョコレートもありますが、
ここはいろんなメーカーのチョコやお菓子など扱っているお店でした。
1軒目にも関わらず、(他と比べた訳でもないのに)安いと感じて
たくさん…本当にたくさんお買い物しました。
後々、大変な事になるのも知らず…(^^;)
上にも書いた「BALATTI & MILANO」の店頭で買おうか迷って止めてしまった
ジャンドゥーヤのクリームも直営店よりも安かったです。
他にもカファレルやリンツ、FIAT等のチョコやお菓子の量り売りもあります。


チョコパスで貰った詰め合わせ。
a
左手前、ゴールドの包みのはジャンドゥーヤ。
他のお菓子はココアをまぶされたチョコレートに
ナッツとマシュマロが入っている感じ。
キャラメリゼされているのかシャリシャリした食感も。
なかなか美味しかったです。


街に戻って次のチョコパスのお店に向かう途中で発見してしまった♪
ジェラードの「GROM」。
a
Garibaldi通りのお店です。
トリノ生まれのこのお店、新宿にもあります。
もちろん入らずにはいられません。

フレーバーメニュー
a クリックで拡大

a
ジャンドゥーヤとマロングラッセを。
その上にクリーム、クッキーを勧められるがままにオーダー。
くどくなくあっさりした印象です。



チョコパスのお店、2軒目はビチェリンの元祖と言われている
「Al Bicherin」、カフェです。
a
いい風景だな~と思って偶然写真を撮った建物の1階にありました。

a
a

こちらではチョコレートケーキを。
a

aa
ケーキだけでは淋しいのでカプチーノは別でオーダー。

こちらでコーヒーブレイクしてる間に、お隣の教会から
12時の鐘が聞こえてきました。


朝から甘いモノづくしで、この時点で
胃袋が悲鳴をあげ始めている(>m<;)
トリノ、めちゃめちゃ素敵な街だけど長居したら''危険な街''と
もう思い始めていた(笑)



スポンサーサイト
[ 2010/03/02 ] 旅 外国 | TB(-) | CM(-)






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。