2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

3日目 運河クルーズ

 ユトレヒトからアムステルダムに戻ります。IMG_5553.jpg
鉄道の切符です。
ホームに見える看板・・・ピカチュウだわ。


切符はZaandamまで買ったけど
どうやら途中下車しても問題ないらしい。
ということでアムステルダムで一旦下車。

アムステルダム駅のホームにスタバがありました。
IMG_5558.jpg

店内がクラシカルでとっても素敵です。
IMG_5556.jpg

IMG_5555.jpg
残念ながらお腹いっぱいで、
写真だけ撮らせてもらいました。



さて、前日に時間が無くて叶わなかった運河クルーズに行きます。

IMG_5561.jpg 
チケットは駅前のツーリストインフォメーションで買いました。
日本語のイヤホン案内があるもので、とリクエスト。

IMG_5582 - コピー



IMG_5595.jpg 



IMG_5594.jpg 


クルーズ終盤、面白そうなレストラン発見。
IMG_5606 - コピー





陸地に戻って、アムステルダムの街を再び散策。




IMG_5621 - コピー

アムステルダムはただでさえ自転車が多いのに、こんな変わった自転車も走っていました。
自転車をこぎながらビールとか飲めるみたい。
楽しそう♪





スポンサーサイト
[ 2015/04/03 ] 旅 外国 | TB(-) | CM(-)

3日目 ミッフィーに会いにユトレヒトへ


3日目。
電車に乗ってユトレヒトにやってきました。
ユトレヒトの駅のすぐ近くでは青空市場がありました。
DSC_5279 - コピー

DSC_5284 - コピー

DSC_5282 - コピー

DSC_5289 - コピー

DSC_5286 - コピー
この平ペッタイ果物、桃です。
どんな味だろう?と後で買ってみたら
普通の桃より固めで味は桃そのものでした。


DSC_5291 - コピー


ユトレヒトから歩いて5分くらいの場所にあるデパート。
DSC_5300 - コピー
ここの交差点がちょっとした観光スポットになっています。

それは・・・

信号機!
DSC_5306 - コピー
ミッフィーの形なのです。

DSC_5314 - コピー
 


そして更に進み、ミッフィー公園にやってきました。
DSC_5339 - コピー


小さな広場にミッフィーの銅像があります。
ファミリーが楽しそうにサッカー中。
DSC_5340 - コピー


DSC_5334 - コピー
ミッフィーの銅像がゴールでした。

DSC_5331 - コピー


そして街歩きスタート。
また賑やか市場に遭遇しました。
でもここは布市でした。

DSC_5345 - コピー

すべてのお店が布やら手芸用品やら。
まったく興味がもてなかったのでただ通り過ぎました。

DSC_5348 - コピー


ユトレヒトの中心街へやってきました。
DSC_5368 - コピー


ここでフィンランドの食器ブランドiittalaに遭遇。
DSC_5369 - コピー
ウィンドウショッピングだけ楽しみました。


DSC_5416 - コピー
ドムトールン。
ユトレヒトのシンボル的存在。
ベルギーで最古の鐘楼だそうです。
ちなみに長崎ハウステンボスのドムトールンは
このドム塔がモデルだそうです。


ドム塔の真下。
DSC_5379 - コピー
トンネルみたいになっていてここを通りぬけると、

何かフェスティバルの最中でした。
DSC_5381 - コピー
みんな上下白い服装してました。


DSC_5389 - コピー


DSC_5384 - コピー



再び街の散策をしていた時に通りかかったお店です。
DSC_5410 - コピー
店内に行列が出来ていたので覗いてみると
ケーキとパンのお店でした。
DSC_5392 - コピー 

DSC_5395 - コピー 
ケーキもパンも美味しそう!

ということでここでランチターイム。
DSC_5406 - コピー
サンドイッチとカプチーノをいただきました。
サンドイッチはアルファルファ、きゅうり、レタス、チーズが挟んであって
甘い味噌のようなソースで味がついてました。


DSC_5420 - コピー
赤いテントのお店はミッフィーの生みの親、ディックブルーナーさんの
お気に入りのお菓子屋さんだそうです。





DSC_5422 - コピー




このあとユトレヒト散策を終え、アムステルダムに戻りました。
[ 2015/04/03 ] 旅 外国 | TB(-) | CM(-)

旅日記 2日目 アムステルダム観光 午後

2日目アムステルダム、午後。

Yさんと楽しいランチタイムを過ごし、また一人になりました。




ライツェ広場
DSC_0199 - コピー
広場と言っても全然広くない広場でした。


とりあえずアンネフランクの家方面へ向かいました。
DSC_0208 - コピー 





運河にはいろいろな船が行き交ってたけど、一風変わった船を発見!

DSC_0214 - コピー 
ハイネケンの樽!



運河沿いにはたくさんのボートハウスが係留されていました。
DSC_0226 - コピー 
実際に人が住んでいるそうです。

DSC_0230 - コピー
とあるボートハウスではポストも発見!



DSC_0220 - コピー 



DSC_0252 - コピー 
観光用馬車。







西教会
DSC_0258 - コピー
アンネフランクの家の隣にある教会です。


DSC_0262 - コピー
西教会の脇にはアンネフランクの銅像が。
隠れ家生活を送っていたアンネはこの教会の鐘の音を聞いていたそうな。

DSC_0271 - コピー 
中には無料で入れます。


DSC_0274 - コピー 
パイプオルガンが素晴らしかったです。

鐘楼にも登れて、町並みが一望できるとか。
登りたかったけど、ツアー制で1時間以上待ち時間があり断念。


すぐ隣がアンネフランクの家です。
DSC_0263 - コピー
外観はかなり近代的ですが、内部は当時のままだそうです。

DSC_0264 - コピー
ズラーっと運河まで行列が続いていたのでここも断念。



東に向かい、マグナプラザの辺りまで戻ってきました。
DSC_0058 - コピー
王宮のすぐ近くにあるショッピングセンター。
旧中央郵便局の建物を改造したネオゴシック様式。

DSC_0290 - コピー
入っているお店には全然惹かれなかったけど
建物の内部の風景が素晴らしかった。



再びダム広場。
DSC_0293 - コピー
朝とは打って変わって
今度は人がいっぱいいました。
1番右の建物がマダムタッソー、ろう人形の館。


ネットで事前に見つけていたパン屋さんへ。
GEBR. NIEMEIJER
DSC_0300 - コピー
カフェも併設。


DSC_5271 - コピー
翌の朝食にしました。



旧教会
DSC_0317 - コピー


DSC_0314 - コピー
飾り窓地区のすぐ近くにある教会です。

オランダ行きを決めたばかりの頃「飾り窓地区」って?という位
オランダの事を何も知りませんでした。
オランダでは売春も合法だそうでこの地区では
ガラス張りの扉の向こうで下着姿の女の子が
お客さんを待っている光景が多々見られます。
とにかく風俗街です。


DSC_0316 - コピー
この教会のすぐ裏にもそういうお店があってびっくり。

ショーウィンドウにマネキンじゃなくて本物の人間が立っている感じ。
まだ明るい夕方だけど、営業している所がいくつかありました。
女子プロレスラーみたいなたくましい女の子が多い印象でした。




ニューマルクト広場まで来ました。

計量所
DSC_0326 - コピー
1488年市の城門として建てられ
17世紀初頭から計量所として商品取引に利用されるようになったとか。
1階がカフェになってます。

ここから北へ向かうと中華料理屋さんが多い通りでした。



暑い時期なだけに外をずっと歩いていたら
とさすがに疲れが出てきてたけど
帰るにはまだ早い時間。
頑張って気になっていたカフェに行くことに。
北教会の前にあるアップルタルトが美味しいと評判のカフェです。

Winkel 43
DSC_0344 - コピー


DSC_0340 - コピー - コピー

 
DSC_0341 - コピー
ほんとにでらうま~。
生地はサックリ、りんごそのままの優しい甘さ。




さて、帰ります。

アムステルダム中央駅ホーム
DSC_0351 - コピー

そしてザーンダムに戻りました。
駅前のスーパーを覗くも隅々まで見る元気がなく、
ビールや水など飲み物だけ購入。


駅構内のスナックスタンド
IMG_5503 - コピー

IMG_5506 - コピー
フリット購入。晩ごはんに。

IMG_5508 - コピー
あんまりホクホクしてなかった。
いも臭いフリット。
ビールはとっても安いです。
500mlのビールが1ユーロ前後。


2日目終わり。

[ 2014/09/07 ] 旅 外国 | TB(-) | CM(-)

旅日記 2日目 アムステルダム観光午前

2日目

いつもの時差ボケで午前3時頃には目が覚めてしまった。
午前5時だったか朝食。
7時前にはザーンダムの駅にいました。

IMG_5457.jpg
Toeslag1.00ユーロって何ぞ?と調べてみたら
シングルチケットを買う度に手数料が取られるらしい・・・
高いよ!

アムステルダムまでは乗り換えなしで15分くらいです。

アムステルダム中央駅
DSC_0049 - コピー 
朝7時半少し前。
東京駅に似ていると言われているそうです。



Nieuwendijk通り
DSC_0052 - コピー 
ショッピング通りはまだ人もまばら・・・
左よりに写っている「Coffee Shop」は一応コーヒーもあるけど・・・
大麻などのソフトドラッグを合法で売っているショップだそうです。
純粋にコーヒーを飲みたい場合は「Cafe」を選ばないといけません。




新教会
DSC_0057 - コピー 
16世紀に建造された教会。
王宮のすぐ隣です。
マトリョーショカなど扱うロシア土産の売店がありました。



王宮
DSC_0067 - コピー 
ダム広場のすぐ隣にあります。
元々は市庁舎として建てられたそうで、豪華な建物ではありません。
現在は迎賓館になっているとか。
DSC_0295 - コピー 
街灯の飾りが王冠!



ダム広場
DSC_0061 - コピー 
王宮のすぐ隣。
まだ閑散としていました。



カルファー通り
DSC_0068 - コピー 
ワールドカップブラジル大会の最中だったので
サッカーの飾りつけをよく目にしました。



ムント塔
DSC_0072 - コピー
市の城壁の一部で街の見張りとして機能していた塔。
残念ながら上には登れないとか。



シンゲルの花市沿いの運河
DSC_0075 - コピー 
運河の左側に並んでいるのがシンゲルの花市のお店。
花市と言っても球根を主に扱っているお店ばかり。




DSC_0083 - コピー 


DSC_0087 - コピー


DSC_0094 - コピー



国立アムステルダム美術館
DSC_0103 - コピー
美術館よりこのモニュメントの方により興味ありました(笑)


開館時間の9時より前に並びました。
10人も並んでたかな?
口コミほど混んでないようです。

ふと前にならんでいる人の日本語のガイドブックが目に入ってきた。
女性の一人だったので「お一人ですか?」と声を掛けてみた。
待っている間、楽しくおしゃべり。



パンフレットによるとレンブラントの大作は2階にあるとな。
大作は人だかりが出来る前に行かなきゃ!と
まず2階へ。
でも誰もいない。
何かおかしいぞ・・・

とりあえず偶然ゴッホの自画像に遭遇。
お客さんは誰もいない中、ゴッホを独り占めでした♪

そして気づいた。
オランダ式の2階は日本の3階に当たるのだった。
急いで上のフロアへ。

まずかなり広い広間があります。
DSC_0117 - コピー
この作品のために広間がつくられたとか。

DSC_0116 - コピー

DSC_0112 - コピー


レンブラントの「夜警」



DSC_0123 - コピー

こんな大作をとっても間近で見られる事にびっくり。
美術や芸術に興味ない私ですが、ちょっぴり感動。
しかもフラッシュをたかなければ写真撮影OKでした。



こちらはフェルメールの「牛乳を注ぐ女」
DSC_0118 - コピー 
意外と小さいです。


DSC_0120 - コピー 



写真撮影OKと分かって、
写真を撮る為に再びゴッホへ。

DSC_0132 - コピー 


DSC_0130 - コピー

 

迷路みたいでしたが無事到着。
DSC_0135 - コピー 





偶然美術館内で先ほどの一人旅の女性、Yさんと再会。
後ほどランチする約束をしました!
こういう出会い、嬉しい!
ランチの時間まで2時間ほどあるので私は一旦美術館を出ました。



レンブラント広場
DSC_0163 - コピー
「夜警」を再現しているらしい。



DSC_0155 - コピー



市庁舎まで歩いて行って、
ワーテルロー広場の蚤の市へ。
主に日用品が売られていて、私には全く興味の無いものばかりでした。




再び国立美術館まで戻ってYさんと無事合流。
カフェアメリカンに行くことに。

ホテルアメリカンの1階にあります。
DSC_0195 - コピー 
テラス席は賑わっています。


DSC_0180 - コピー 

店内は文化財にも指定されているアールデコ。
素敵。
でもお客さんはほとんどいません。


ビールで乾杯!
DSC_0173 - コピー 

誰かと一緒なので安心して飲めます。


サンドイッチを。
DSC_0175 - コピー
1食で玉子3個食べるのは健康的に勇気が要りました(笑)
しかも大味です。




DSC_0192 - コピー 

楽しいランチタイムでした。
日本での再会を約束してお店の前で別れました。


アムステルダム観光午後編に続く。



[ 2014/08/26 ] 旅 外国 | TB(-) | CM(-)

旅日記 1日目 ザーンセスカンス


 夕方~
ホテルを出て、ジョギングでザーンセスカンスまで観光ランです!
片道5Kmくらい。
ザーンセスカンスでは風車のある風景が見られます。


駅を横切ってザーンダムの街を通りました。
IMG_5412 - コピー
駅前にあるインテルホテル(16:50頃)
とっても印象的な建物。
駅隣のバスセンターなど、こんな感じのデザインで統一されてました。


IMG_5413 - コピー
ザーンダムの街、ショッピングストリート。
アルバートハイン(スーパーマーケット)やHEMA、V&Dなどなど
いろいろショップがありました。


IMG_5415 - コピー
住宅街へ。


IMG_5417 - コピー
どこだったかしら?



IMG_5419 - コピー
途中で出会ったわんこ。
見た目怖そうだけど、目を合わせてくれず本当はとってもシャイみたい。



ザーンセスカンス、到着!!
DSC_5251 - コピー
THE オランダ!
風車のある風景、ザーンセスカンスです。



DSC_5261 - コピー 


DSC_5256 - コピー



DSC_5258 - コピー



DSC_5259 - コピー

ザーンセスカンスは観光化されていて
カフェやお土産屋さんなどショップがいっぱいありました。
18時ちょっと前の到着だったので
殆どのお店がクローズしてたけどね。

DSC_5260 - コピー 
羊?ヤギ?もいました。


DSC_5270 - コピー 




風車の近くまで行ってみました。
1基だけ動いていて、風車守の人がなにやら作業してました。
(出発の前日のTVのオランダ特番で風車守の存在を知りました。)
DSC_5264 - コピー

風車は何基かあったけど
一番先まで行く元気もなく
2,3基行ったところで引き返しました。


DSC_5268 - コピー 
この先にもショップがあるみたい。



ザーンダムに戻ります。
行きは大きな車の通り沿いを通って来たけど
帰りは道を変えてザーンダムの街へ続く道を。

IMG_5427 - コピー


IMG_5429 - コピー


IMG_5430 - コピー
途中で面白い人形発見。



跳ね橋も発見!
IMG_5432 - コピー
車も人も自転車も、みんな待ってました。


IMG_5431 - コピー
こんな大きな道路も持ち上がるのね!


IMG_5435 - コピー 
まもなく普通の橋に元通り!





IMG_5438 - コピー
プロテスタントの教会、多分。



IMG_5442 - コピー 
ザーンダムの街に戻ってきました。
フリット、ケバブ、アイスクリーム、カフェ、レストラン
なんでもいっぱーいありました。



IMG_5443 - コピー 
ザーンダムのダム広場。
周りはみーんなテラスのあるカフェレストラン。
めっちゃ賑わってました。



IMG_5445 - コピー
19:30ザーンダム駅に到着。

日本時間ではもう午前3時とか4時とか。
暑さと眠気とでヘトヘトです(笑)

ホテルに戻って21時就寝。

[ 2014/08/19 ] 旅 外国 | TB(-) | CM(-)

旅日記 1日目 移動




7月中旬、旅に出ました。
この1ヶ月ほど前に、急に旅に出られることになり
大好きなフィンランドか、初めて行く国か迷いましたが
結局初めましてのアムステルダムと
二度目ましてのブリュッセルに行くことにしました。


初KLM。
DSC_0006 - コピー 
行きはポツポツと空席ありました。
私は中央3列シートの通路側だったけど一人でした。
CAさんは親切で丁寧。



機内食はローカロリー食を。
DSC_0014 - コピー

a 

魚と野菜中心。
デザートはゼリーやくだもの。



DSC_0017 - コピー
ビールはオランダビール、ハイネケン。





DSC_0021 - コピー
アイスクリームも出たよ。



オランダの上空。
DSC_0028 - コピー
パッチワークみたいでめっちゃキレイでした。





スキポール空港。
IMG_5387 - コピー
初めての空港で緊張しました。
ショッピングモールがあったり、飲食店も多く
欧州でも人気の空港。



スキポール空港駅です。
IMG_5398 - コピー
空港からアムステルダムへ電車で20分も掛からない位。


アムステルダム中心部のホテルはとても高くて
私にはとても手が届かなかったので
Zaandamというアムステルダムからちょっと離れた所に取りました。

IMG_5400 - コピー
空港からZaandamへも乗り換えなしで行けます。
乗車時間は17分。
切符は窓口でも券売機でも
1枚買うごとに1ユーロの手数料がかかりました。



ホテル到着。
IMG_5402 - コピー
Zaandam駅から歩いて5分くらいのZaan Inn Hotel


DSC_0035 - コピー
現代的で快適!


DSC_0037 - コピー
窓の外の風景がかわいい。

日本時間ではもう夜中ですが、
ジョギングウエアに着替えて外出です。

[ 2014/08/18 ] 旅 外国 | TB(-) | CM(-)

第5回 糸島110キロウォーク 2014


4月12日(土)~13日(日)にかけて開催された
第5回糸島三都110キロウォーク。
参加備忘録です。




博多~ann8_20140417124245245.gif
a



九州は福岡市のお隣、糸島市という所を
ぐるりと1周55Km×2周するというコースです。

 


昨年、私が通うジムのイントラさんがこの大会に出ると聞いて
その時はすごーいと思いつつ、全く他人事でした。
けど完歩したイントラさんがキラキラしながら
もう何でも出来ると思ったと言っていたのを聞いて
自分も興味を持ちました。 

いろいろ声を掛けてみたところ、
 誰も相手にしてくれない中(笑)
私が入っているジョギングサークルの友人ミカちゃんや
ジムの友人ヒサコさんが一緒に歩いてくれる事になりました。
例の仲良しの友人Mも出る~♪と張り切っていたのに
エントリーにしくじって参加ならずa


地下鉄&JRで糸島市の筑前前原駅に到着。
駅からすぐ近くの丸田池公園がスタート&ゴールとなります。 



  


毎度の足サークル
 
例のイントラさんとそのご友人も現地で会えました。



さぁ!12時スタート~!!
 



わんちゃん達も応援に来てくれてました。
 
ウォーキング大会では結構有名なわんちゃんらしい。


初めはぞろぞろとローカルな道を大行列。
自分達のペースでは歩き難い感じ。


最初の給水スポット、9.5Km、石崎公民館で
遅めのランチです。



ここで少し足を手揉みでマッサージ。


21.7Km、伊都菜彩。
 ここは糸島産の野菜や肉、魚を扱っている
人気の産直市場だそうな。

 
いちごみるくのソフトクリームをほうばる。  


さぁ、再び出発。
3人での大人な会話も楽しい。 




26.7Km辺りのサイン。
 


こういう小さな応援もとっても嬉しい。


27.7Km九大伊都キャンパスで
トイレ休憩。
ここでやっとサササっと歯磨きをした。

エイドではRAIZINだったか、エナジードリンクを貰う。
ジンジャーエールの辛口って感じ。


31Km、パン屋さんゾンネンや魚庄の横を通り過ぎ、
気づいたらもう日が暮れていた。


34.3Km辺りのヤマザキショップ。
20時クローズでシャッター閉まりかけの所に
入店してお買物させてもらう。 
スポンジケーキみたいな菓子パンとチーちくゲット。

この先がずーーーーっとコンビニはもちろん自販機すら
中々ない様な所だったので
お買物できて助かりました。
糸島のコース、本当にコンビニが少ないです。


糸島の''夫婦岩''二見ヶ浦を過ぎた頃、
私達の後ろにはまだまだ人がいっぱい居たので
全然余裕だと思っていました。 

時間も全然余裕だと信じて歩いてた私達。
そこに車椅子を改造した様なチャリンコに乗っていた
大会スタッフさんが追い越して行き
そこで最初のチェックポイントまでギリな事を知る。
iphoneの地図で調べたら
制限時間まで15分しかないのに
地図では普通に歩いて20分とな!

 1周もできず最初の関門でリタイアだなんてありえない!!
ということで、競歩並みのスピードに切り替え 
次の関門まで慌てて進みました。

結構関門が厳しいと悟った瞬間。


40Kmファームハウス、制限時間21:15.

私達の記録は21:08。
第一チェックポイントはなんとかクリア~!
ほんと、焦ったけど良かったー。


ここでは、焼肉の給食があったはずなんだけど
遅すぎたみたいで焼肉にはありつけなかった。
でもいいや、間に合ったから。
おにぎり2個と玉子スープを頂いた。
さっきの菓子パンで満腹状態だったのでおにぎりはリュックへ。


トイレも済ませて出発!


50Km地点到達。
引津新道、というところらしい。

まだ半分も来てないよ~


どこからだったか、申し訳ないけど
ミカちゃんやヒサコさんより早く1人で歩いてしまった。
焦りと疲労が出てきていて
振り返る力も段々なくなってきてました。


第2チェックポイント、54Km加布里漁港、制限時間0:30.
私の記録00:24


ここではにゅう麺の様な食事を頂く。


九州らしく柚子胡椒が。


私が食べ終わる頃にミカちゃんとヒサコさんが到着!
関門ギリだったみたい。
 先に来ちゃって本当にごめんよーa


ここでは整体の有料サービスがありました。
ぜひ受けたいと思ったけど
待ち時間が20分以上との事で断念。


100均で買ったローラーマッサージャーが
疲れている足には結構良かった。
 

周りの人達、どよーんとしてて
ここでリタイアする人が多いのを空気で感じる。
収容バスの出発時間なんかも案内してる声が聞こえてくる。

大会関係者が拡声器で
「次のチェックポイントを目指す方は、皆さんの歩くスピードを考えると
今出発しないと間に合いません!」と。
そう聞いた瞬間、自分は行かなきゃ!と思った。

ここでリタイアする、とミカちゃんとヒサコさん。
なんと~(涙)
でも進むのもリタイアするのも自由。
2人にここまで一緒に歩いてくれたお礼を言って
慌てて出発。

出た所でボランティアの若者や他の方の応援で来ていたであろう方が
声援を送ってくれて、心から嬉しかった。


全然休憩できる時間の余裕がないね。
想像していたよりも遥かに過酷なレースだという事に気づいた頃でした。
でもまだ半分も残っている!
そしてここからひとり。
心細くも、前に進むことしか考えられなかったです。


62Km、給水ポイントの石崎公民館は通過。


いつ頃だったか本格的に雨が降ってきた。
レインコートの中のリュックにG-shockとiphoneがあって
雨でiphone濡らすのもやだし、
何より取り出す行為が面倒だし、
そんなんで時間がさっぱり分からなかった。
紙の地図も出しづらいし、どこをあるいているのかさっぱり。
とにかく前を歩く人のテールライトを追ってひたすら歩くだけ。


山ん中にて。

畑か何か栽培?
実際はもっとキレイだった。


山ん中は街灯がない所が多くて
小さな懐中電灯が頼りだったけど
それも途中でバッテリー切れちゃうし、真っ暗。


車が通ると道路が明るく照らされて、
結構な雨が降っている事に気づいた。
吐く息も白い。
雨と汗で全身がびっしょりなのに
不思議と寒くはなかった。


遠ーくに高速道路が見えてきて、
やっとあの辺に次のチェックポイント伊都菜彩が
あるのが分かって、目指す物が出てきた。

そんな頃、斜め前を歩いていた若い男の子が
側溝に落ちた。
暗くて見えてなったのか、睡魔に襲われてボーっとしていたのか。
みんな限界ギリギリ頑張ってるんだ。



第3チェックポイント伊都菜彩。制限時間5:30
私の時間4:55

ここで豚汁を頂く。
足を止めると急に寒さに襲われて震えるくらいだった。
豚汁のあったかさが身に染みる。
いっぱい具も入っていたけど
汁しか受け付けなかった。

ここでも足をマッサージ。
マメっぽい箇所にテーピング。
靴下はもうびしょ濡れ。

とにかく寒い。
ガタガタ震えてきた。

休憩もそこそこに、ちょっと離れたトイレに行くのも面倒で
出発。


幸い歩けばすぐ寒さから解放された。
マッサージのお陰か、足もちょっと楽に。
そのころから空も明けて来た。


5:40頃、波多江駅の横通過。
そんな頃に友人MやakiちゃんからLine.
励ましてくれて本当に心強くありがたい。
雨の中、ひと言返信するのがやっとだったけど。
ひとりじゃないと思えた。



朝7時半過ぎ。
80.2Km,給水ポイント、九大伊都キャンパスで
再び歯みがきタイム~。
水道があるトイレはここと伊都菜彩位です。 


そして1階のイスで休んできた時に
たまたま隣に座った女の子に
「まだまだ行きますか?」と声を掛けられた。
「もちろん行きます!」と私。

その女の子はちょっと迷いがあるみたい。
次のチェックポイントまで距離と時間が、、、
12キロで3時間で行けるかな!?
みたいな事を言っていた。
 それなら全然行ける、行ける!と答える私(笑)

私はもう単純計算すら出来なくなってて
とにかく前へ進むことしか頭になかった。

前夜の加布里漁港から誰とも話さずだったので
声掛けてもらえたことが嬉しくて励まされました。 

次の関門で会いましょう!と言って
また出発。


エイドではマドレーヌとぬるい(笑)ぜんざいを頂きました。 




海が見えてきました!!
fc2blog_2014041712053388f.jpg
玄界灘、だそうです。


1周目の時は真っ暗だったけど、
2周目はきれいな海の景色が見られました。
 
糸島の海は青くて本当にきれいでした。


糸島の夫婦岩。



92.5Km
第4チェックポイント、ファームハウス制限時間10:30

私の記録、9:40
2周目は疲れも考慮されているのか、余裕のある時間制限だと感じる。


ここでの給食

地元の食べ物らしい。
いつも食いしん坊な私がこの時は何も欲しくなくて
全部リュックへ。
ほんとは減らしたい荷物が増えていく(笑)


ここで九大で声を掛けてくれた女の子と再会!
彼女も頑張って来たんだ~。
私の言った事に励まされて来れた、
みたいな事を言ってくれて嬉しかった。
ここまで来たら後はゴール目指すだけですね~
ゴールで会いましょう!と約束。



ジョギングサークルの友達akiちゃんがまたLineくれてました。
akiちゃんは別の100Kmウォークで86Kmまで歩いた経験を持つ人。
足の爪が全部剥がれちゃう位頑張っちゃう人。
私の目標でもあり、そのakiちゃんの頑張りが私の糧でもありました。
ここでakiちゃんに返信。
「86Km歩いたakiちゃんを目標にしてここまで歩いてきた。
あとは自分との戦いです。」と。

正直Lineするのもやっとな疲労感(笑)

気休めの様なマッサージして
トイレ借りて、さぁ出発。



出たすぐの所で地元のご婦人と出会う。
バス停まで行くというこの方と話しながら歩きました。
ご婦人、私も昔はよく糸島を歩いて散策したのよ。
でも今は足を悪くしちゃってね・・・と。
趣味のコーラスに行くって。
穏やかな素敵な方でした。




94Km位かな、 道路脇でかわい子ちゃん達に遭遇。

柴犬好きなので癒されました。




98.8Km、給水ポイントコロニーサーフで最後の休憩。
 
ボランティアスタッフさんがすぐに座れる席に案内してくれて、
「コーヒー持ってきます~」って。
一生懸命サポートしてくださって、本当に頭が下がります。

みかんも1個頂いた。

もうマッサージしてもしなくても一緒の気がして(笑)
また出発。



コース上、ずっと頼りにしていた道標。
時にこんなメッセージも。

ほんと、自分との戦い。 


 最後の12Km、
思ったように足が前に進まない。
全然前の人に追いつけないどころか
どんどん前の人が遠くなっていく。
後ろから来た人にもいっぱい抜かれた。
ま、順位とかは別にいいんだけどね。



何も考えられる状態じゃなくなってて
自分を励まそうと大好きな唄を唄おうとするも
歌詞が出てこなくて続かない。

仕舞いには「ふぁいとっ、がんばれっ」
これしか思い浮かばなくて
声に出してずっと自分を励まし続けました。



途中、走りながらゴミ拾いしてる人に追い越された。
歩くの飽きたって(笑)
熊本の文字が入った赤いレインコート、
昨夜も見かけた人。


糸島の繁華街?唐津街道をひたすら歩いていた時、
前にも後ろにもウォーカーは見えず心細かった。

やっとゴールの公園が近づいてきました。
そして黄色い服を着たスタッフさんが見えた時
どれだけ嬉しかった事か。
スタッフさんがめっちゃ笑顔で迎えてくれて。

大の大人が泣くなんて恥ずかしいから
止めようと思っても止まらなくて涙が自然に出てきてました。 

あんなにしんどかったのに
この瞬間は足の痛みも体の疲れも
長かった道のりも、ぜーんぶ忘れて
本当に嬉しかった。

ゴールは両手ガッツポーズで。

この瞬間は大会関係者の方が写真を撮ってくれていて
後で送ってくれるそうな。
なんて親切な!
(大きな大会は有料なのだ。)


そしてひとりひとりに記録証を。
 

26時間55分33秒で110Km完歩しました。

26時間43秒09秒で110Km完歩しました。

後日事務局から記録時間が間違っていました、と
訂正した完歩証が送られてきました(笑)
手作りの大会ならでは、でしょうか。
とにかく大会関係者、ボランティアの方、応援してくださった方、
全ての皆様に心から感謝しています。


大会事務局発表、大会記録
参加人数:1114名
完歩人数:469名
完歩率:42%


[ 2014/04/17 ] | TB(-) | CM(-)

打上げ


名古屋ウィメンズを走り終えて
ホテルでシャワーを浴びた後、
友人Kさんと2人で打上げへ。

名古屋駅から程近くにある「和志 かぶと屋」へ。
a

a

通り沿いの席からこたつ席が見えて、
その温かさに惹かれました。
残念ながら行った時にはコタツ席は満席で、
奥のテーブル席に通されました。

カンパーイ
a 
やっと禁酒解禁です~a
マラソン大会1ヶ月程前から禁酒していました。
禁酒を決める以前に入れた飲み会では飲みましたがね。



オーダーはアラカルトで。

a

付だしはカボチャサラダにあんをかけたもの。
うまいっ!



味噌おでん
a
1個から頼めます。



えびマヨ
a



アボカドとマグロのサラダ
a



串揚げ
a 
ささみとチーズ
1本から頼めます。



照り焼きチキンと餅のピザ
a 



2杯目~
a 

一番搾りが380円とな。
結構リーズナブルで良かったです。

次はコタツ席がいいな~。




[ 2014/03/09 ] 和食 レストラン | TB(-) | CM(-)

名古屋ウィメンズマラソン 2014

3月9日

とうとうこの日がやってきました。
名古屋ウィメンズマラソン。
私にとって初のフルマラソンです。

42.195Km絶対完走できると思っていました。
軽く、そう思ってました。


朝食
a
マラソン前にはピッタリのおにぎりを
控え目に。


スタートの名古屋ドームまで
JR中央線で行きました。
大曽根駅からテクテク、テクテク、、、遠かった。
その途中、応援に来ていた知人で
大阪のランサークルのリーダーLさんにバッタリ。

そしてランナーしか入れない区域へ。
今まで出た大会の中ではダントツに厳重態勢。 

荷物を預ける前に
パン(パスコのミルクパン(笑))とスポーツドリンクと
バナナの支給があった。
走る前にもくれるなんて、親切な!

ってかパンを裸でくれて、
でも食べられないからそのままリュックにポンって入れっちゃったよ~(^^;;


荷物を預けるのに行列。
その先のお手洗いも行列。
なんせフルだけでも1万人の ランナーがいるからね。


いよいよ、スタート位置に。
a 
女子、女子、女子~


スタート前のイベントは有名人がいっぱい来て
盛り上げてました。
中川翔子、杉ちゃん、ダンディ坂野・・・


この日は快晴で日差しも暖かく
長い外での待ち時間も苦ではなかったです。 


スタートの号砲が鳴ってから
スタートラインを通過できたのが約10分後。。。
このロスはもったいない。 
 

ナイキのアプリで1Kmの平均時速のチェックと
パワーソングを聴くために片方だけイヤホン。
もう片方の耳で外の音を聞き取ろうと思って。


道中はずーっと沿道に応援してくれる人がいっぱいいて
かなり盛り上がっていました。
 
トランペットを吹いてくれている女の子と
「ティファニー絶対取るぞー!」と檄を飛ばすそのお父さん。
一瞬で癒されました。


最初は当たり前だけど、結構走れて
ナイキアプリによれば
1Kmあたり6分前後のペース。
ちょっと早くないかい?と自分に問いながらも
走れちゃうから、そのペースで走ってました。
いつの間にか一緒にいたはずの友人Kさんともはぐれ・・・。

水分、スポーツ飲料は必ず取りました。
最初はヴァームを選んで飲んでたけど
なーんか甘くて途中から水を好んで取りました。

そうそう、途中貰った水がいきなり不味くて。
カップをみたら「名古屋水道局」って文字が。
えー、めっちゃ不味いよー。
絵の具を混ぜたような味・・・(ごめんなさい。)
今住んでいる所の水道水は平気で飲める。
やっぱり美味しいんだなぁ。
水の美味しさに感謝。


20Km過ぎから始まった公認エイドの給食は
バナナ、たけのこの山(笑)、パスコのパン、ういろ、飴・・・
こんなくらいだったかな。
バナナ、たけのこの山、パンを頂きました。

 
私設エイドでプチトマトもらって、これがめっちゃ甘くて
美味しかったぁ。
あと、終盤にコーラも。 
頂いてはいないけど、いろいろフルーツとか
キュウリの浅漬けとか
まるでグルメランの様でした。

30Km過ぎにはエアサロを掛けてくれる人が
何人かいました。

こういった個人的にボランティアをされている方が多いことに
驚くと共に感動しました。
ひと言ガンバレ、と声を掛けてもらえるだけで
本当にパワーもらえるんです。
心から感謝。

 

30Kmを過ぎた所で2度目のお手洗い。
個室を出た瞬間に「Kさんっ」と呼ばれ
目の前に京都時代の知り合いの顔が。
嬉しくて思わず抱き合いました。
本当に嬉しかった。

走ってる間に2組の知り合いの応援団がいて
各2回ずつ、便乗で応援してもらいました。

あと、ダンディ坂野が途中にいて
この時ばかりはきつくても
ダンディの方へまっしぐら!
ハイタッチしてもらいました。
「ありがとー!」と元気に言ったら
「頑張ってー」的な返事があったけど
何だったか覚えていない。



25Kmを過ぎた頃からきつくなってきてて
35Km過ぎた位から失速。 
かなりの失速。
 でも絶対に歩くのだけは嫌で、ゆっくりゆっくり走り続けました。

沿道の声も聞こえない。
パワーソングも聞こえない。
ラストスパートなんてできやしない。
ただただ前に進むだけ。
本当にこの時は辛かった。

「もっと練習すれば良かった。」
「日頃お菓子の大食いなんかしなきゃ良かった。」
「なんで私走ってるの?」
後悔の嵐・・・。 


2月のとあるフルマラソンで、私は35Km辺りで応援してて
結構たくさんの人が私の応援に手を振り返してくれたり
笑顔を見せてくれたりしたけど
皆めっちゃキツイのに必死で反応してくれたいたのかもしれない。
私の応援で反応してくれた人優しいな、すごいなって思った。
私にはそんな余裕なかった。


そんなこんなでマイナスな事を考えてばかりで
感動も何もないまま・・・
ゴーーール!!! 

a  

まずはもう走らなくていいって事が嬉しかった。
この後、隅っこの方で垂れ込んでました(苦笑)
そんな時にMちゃんが私を見つけて声掛けてくれて。
でも立ち上がれず・・・。

しばらくしてようやく立ち上がれて
念願のティファニーへ向う。

a  


 a 
いっぱーい!


このティファニーは一人ひとり、
タキシードを来たイケメンくんから受け取る事ができます。

誰でもいいやと思いながら
一番左の人とその隣の人を見比べて
左の人を選んじゃった(笑)
今思えば本当に誰でもいいのに。 すいやせんっ。

 
ティファニーを受け取ったこの時ばかりは本当に嬉しかったなぁ。
やっと笑顔が出てきた(笑)


しばらくしてスタートを共にした友人Kさんと再会!
Kさん、つらかった、って。
ゴール手前でコケちゃった、って
涙目になって言ってました。
よく見たらあごとか手とか擦りむいてて
一応医務室へ行くというハプニングも。

この後更衣室に辿り着くまでが
長かったねー。
寒かったねー。
辛かったねー。
でも今はもう良い思い出。


フルマラソン、こんなに過酷だとは。
正直もっと自分は走れると思っていました。
自分の出来なさに反省。



友人Kさんと
隣のイオンのスタバでカンパイしました。
a 

Kさんは来年も出ようってもう言ってるけど、
私はもうこりごりー(。-_-。)
東京マラソンも大阪マラソンも申し込まなーい\(>Д<;)/
・・・という気分。


完走賞と参加賞。
a 

ティファニーだけでもすごいのに
ナイキのTシャツとタオル、化粧ミストまで貰えました!
パスコの小倉&ネオマーガリン嬉しー、大好きー!!


さて、念願のティファニーを
いよいよ開封しまーす。
a 

歴代の彼氏(笑)にだって、夫くんにだって貰った事がありません。


じゃーん♪

a 


a
めっちゃうれしー!
デザインも年々可愛くなってて
今年のが一番いい!

自分の努力で得る事ができたティファニー。
ずっと大切にします。


名古屋で応援してくれた見知らぬ沿道の皆さん、
すべての大会関係者、ボランティアの皆さん、
本当にありがとうございました。





[ 2014/03/09 ] | TB(-) | CM(-)

大阪日帰りの旅 街歩き編


街歩き、と言ってもたいした所へは行ってませんが(汗)



地下鉄に乗ってミナミへ。 


心斎橋商店街

相変わらず賑わってますね。
お店も少し変わってる気がしました。


そして友人Mが行きたがっていた場所へ。
 
定番~(笑)


 1
お決まりのポーズでw 


 


友人Mが会いたがっていたこの人。
1



 


素敵過ぎるシャッター。
 

夕方になり、そろそろ帰らなきゃ。
楽しい時間って本当にあっという間だね。
私もMもかなり名残惜しかったです。
またぜひ来たいと思います。

[ 2014/02/03 ] 旅 日本 | TB(-) | CM(-)






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。